趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku09-05

日記(2009年5月分)

2009/5/31(日) 晴れ

5-31.jpg
  • ハロゲンライト
    作業時の手元照明を捜していた。
    先日ホームセンターで250Wのハロゲンライトが980円で売られていたので衝動買いした。
    結構明るいが寿命はどの位?
    分からないので調べてみた。
    原理は白熱電球と同じだがランプの中にハロゲンガスを入れることにより、明るさで50%増、寿命は10倍となるらしい。
    明るさ実現のため、フィラメント温度はかなりの高温となるので石英ガラスとセラミックの口金で出来ている。
  • 取扱い上の注意点
    消灯時でもランプに素手で触らないこと。 → 皮脂が付くとランプが破損
    点灯時は器具および周辺が高温・高熱となる。

2009/5/30(土) 晴れ

5-30.jpg
  • バンドソーの改造
    バンドソーは便利なツールだが取扱いに注意しないと危険である。
    材料とテーブルに隙間があると刃が材料を瞬間的に刃口板に押さえ込み大きな音とショックが発生する。
    写真の赤いプラスチックはRYOBIのTBS-80の刃口板である。
    テーブルとの間に微妙な段差があり強度にも問題がある。
    硬い木の切断の場合この少しの段差に結構気を使っていた。
    それでアルミの刃口板を作り強度の補強と段差の解消を行った。
    また、付属の6山の刃は硬木の直線切断には向いていない。
    純正刃で4山の厚い木材の直線切断用に交換している。
    これで硬い木もどうにか直線切断が出来る。

2009/5/29(金) 晴れ

5-29.jpg
  • クワガタ
    クワガタが完成した。
    オリジナルの2/3の大きさで作製したので細かい細工になった。
    足は2.3mmのビスで取り付ける必要がある。
    2.5mmのビス穴は木工用ドリルで綺麗にあいた。しかし皿ビス用の面取りで失敗。
    面取りカッターが無かったので少し太い金属用のドリルで面取りしたら材料が欠けてしまった。
    急がば回れ、ホームセンターで面取りカッターを買ってきて作業を続けた。
    これなら旨くいく。 何事も経験。

2009/5/28(木) 曇り後雨

5-28.jpg
  • 糸のこ盤改造
    糸のこ盤で切断する場合板には下書きの線に沿って切断するのだが、切り屑で線が見えない場合がある。
    のこ屑を空気で吹き飛ばす装置がついたものもあるが私の機械にはついてなかった。
    ホームセンターで観賞魚用の空気ポンプを買ってきて、ホースの先に5mmのアルミパイプを取り付けのこ屑吹き飛ばし装置を作製した。
    すこぶる快調だ。
    • エアーポンプ
      ジェックス㈱ e-AIR 2000S
    • 吹き口
      5mmアルミパイプ
      ガストーチで熱すると簡単に曲げられる。

2009/5/27(水) 曇り

5-27.jpg
  • 本屋で
    久しぶりに本屋に行った。
    先日私の真空管自作アンプがオークションで高値で落札された。
    不思議に思っていたが今でも雑誌で真空管アンプの作製記事が載っていた。
    回路も昔と変わっていないが、部品は入手が困難で高価な様子だ。
    部品取りだけにでも高値落札の意味があるのだろう。
    糸ノコ木工入門という本があったので購入した。
    記事のクワガタを黒檀で作ることにした。
    硬い木なので細かい細工に手間取り今日は写真のところまでしか出来なかった。
    続きは明日以降。
    写真の配置はすこし気持悪いが、完成すると立派なおもちゃになる。

2009/5/26(火) 晴れ

5-26.jpg
  • ツールの切れ味
    先日完成したスペシャルツールでペンとぐい呑みを作った。
    なかなか使い勝手が良い。
    ぐい呑みの中ぐりもフォスナービットで穴あけの後はこのツールで仕上げた。
    外側の仕上げにも45度位傾けてスキューの代わりができる。
    正面と右、左に刃が付いているので今までに無い使い方も出来る。
    応用範囲の広い良いツールだ。
    作品はペン(柿墨流し)とぐい呑み(神代杉)
    スペシャルツールについては2009.5.22に記載

2009/5/25(月) 晴れ

pint.jpg
  • フォーカスチャート
    フイルムスキャナーのフイルム平面性が作品のピントにどの位影響するのか調査したい。
    そのためにはピントのあったフイルムが必要なので今日はフォーカスチャートの撮影をした。
    Canon A1に感度400の白黒フイルムを装着して50mmマクロレンズで撮影した。
    撮影仕掛けは写真のような手持のもので間に合わせている。
    とりあえず旨く撮影できているかが心配だ。
    今回も自家現像を予定している。

2009/5/24(日) 晴れ

1394.jpg

Win XPでのフイルムスキャナーNIKON 4000EDの動作不安定が解消しました。

  • Windows XPでは次のような現象がある。
    • Nikon Scan3
      スキャナーを認識しない。(まれに認識する事もある)
    • 付属IEEE1394ボード
      動作不安定(フリーズ多発)
  • 最終的に以下の構成で動作が安定した。
    • 本体
      NIKON SUPER COOLSCAN 4000ED
      ファームウェア Ver.1.10
    • ドラバー
      Nikon Scan4 Ver.4.0.2
    • IEEE1394ボード
      BUFFALO IFC-ILP4

2009/5/23(土) 晴れ

KOIZUMI.jpg
  • 蛍光灯
    先週末からリビングの蛍光灯の調子が悪い。
    器具の不良か蛍光灯ランプの不良か不明のためKOIZUMIのお客様窓口にメールした。
    朝のメールに午後には電話で回答があった。
    迅速な対応であったが結果は良くない。
    器具の故障で修理が15000円かかるので新しいの買った方が良いとのアドバイス。
    新しいの買っても、電気代からすると6年強使っているので電気代で元が取れているはずだと言われる。
    部品と回路図があれば自分で直せるがこれはメーカーがNGと言う。 もったいない。
    本当にecoとは何だろうか?

2009/5/22(金) くもり

tool6.jpg
  • 今日は木工
    ウッドターニングで使う刃物(バイト)は普通ハイス鋼で出来ていて切れなくなるとグラインダで研磨して使用する。
    結構頻繁にバイト研磨が必要である。
    テックさんがタングステンカーバイトの刃先を使用したスペシャルツールを作製されたので私も1個注文し、昨日届いた。切れ味が断然違うらしい。長持ちもする。
    注文品は刃先とシャフトのみなので早速ハンドルを作った。
    結構うまく出来た。満足

2009/5/21(木) くもり

4000ed.jpg
  • 悪戦苦闘
    このフイルムスキャナーは
    NIKON SUPER COOLSCAN 4000EDです。
    平成13年8月30日に購入しWin98で使用していた。
    最近は使用せず机の上で眠っていたがWinXPでの使用を試みた。
    付属のCDでNikon Scan3をインストールするが非常に不安定。
    調べている内にドライバはScan4にバージョンアップされているようなのでこれをインストールする事にした。
    が、今度はScan3のデバイスドライバが削除できない。
    探すとレジストリ削除のツールがNIKONで用意されていた。
    これでPCを元に戻しScan 4をインストールした。
    やっと動き出しましたが、まだ不安定で時々フリーズする。
    PCを再立ち上げしないと固まったままである。
    だましだまし使用は出来そうだがこんなものだろうか?
    何か原因が解る方があればご指導をお願いします。
    Nikon Scan 4Ver4.0.2(04/06/14)にUP DATE したら安定したかな? 検証します。

2009/5/20(水) 晴れ

scan.jpg
  • フイルムスキャナー
    自分で撮影、現像した白黒フイルムをCANON MP980のフイルムスキャナーでPCに取り込んだがどうも画像がボケている感じがする。
    原因は手ぶれかそれともフイルムスキャナーの精度か?
    写真はフイルムホルダーで、真ん中がCANON MP980、左はNIKON、右がMINOLTA用です。
    MP980用は他に比べてフイルムがカールして平面性が悪い。
    この平面性不良は、ピントに対する影響がどの位あるのか?
    最近のフラットベットスキャナーは専用フイルムスキャナーを凌ぐほどになったと聞いているので少し時間をかけて性能比較したい。
    結果は後日UPします。
    比較予定機
     CANON MP980 プリンタ・フラットベットスキャナの複合機
     NIKON COOLSCAN4000ED 専用フイルムスキャナ
     MINOLTA Dimade DualⅡ 専用フイルムスキャナ

2009/5/19(火) 晴れ

5-18.jpg
  • 釣り
    出航は朝5時だったが空はもう明るい。
    実績ポイントで早速メバルが食ってくれる。
    スタートは好調、しかし中型のメバルを2~3匹釣ったところで仕掛けが絡む。1人なので直す間に船が流されて折角のポイントを見失ってしまった。
    こういう事が度々あったのだが24匹釣れた。(17cm~13cmで型は不満)
    今年はメバルが良くなかったが、いよいよ調子が上向いてきたのだろう。
    潮が良ければ大きさも期待できるはずだ。

2009/5/18(月) 晴れ

film1.jpg
  • 現像
    器具と薬品が揃ったので今日はフイルム現像に取り組んだ。
    色々なサイトを参考に準備したので夕方5時位からの開始。
    腕時計をストップウオッチモードに切替えて時間管理をした。
    手順書を作成しておいたのでトラブルも無く順調に完了した。
    今は風呂場で乾燥中です。
    作品発表は後日です。
    成功しておればフイルムスキャナーで電子化してUPします。

2009/5/17(日) 雨

  • 体験会
    今日は天気が良ければ広島市植物園で少し遅い花見の予定だった。
    その後、わが工房でペン作りの体験会となっていた。
    しかしあいにくの雨で花見は中止。
    直接工房に集まりペン作りをすることにした。
    花見弁当とビールで乾杯のあとペン作りを開始した。
    参加者7名の全員が立派なボールペンを完成し、
    世界に1つの手作りボールペンを土産に16時過ぎ解散。

2009/5/16(土) 曇り

picker.jpg
  • フイルムピッカー
    フイルム現像する時、パトローネからフイルムを取り出す必要があります。
    昔はダークバックのなかでパトローネを壊してフイルムを出していたような記憶があります。
    説明書をみながらやって見ました。
    フイルムピッカーは優秀でした。
    パトローネ内に巻き込まれたフイルムを明るい場所で簡単に引き出せます。
    製品名: HAKUBA Film Picker4

2009/5/15(金) 晴れ時々曇り

pen.jpg
  • ペン作り体験会
    次の日曜日工房でペンメイキングの体験会を開催する。
    真鍮パイプの材料への接着は乾燥時間がかかるのであらかじめ準備しておかないと時間が足りない。
    また、初めての人が多いので材料の荒削りもしておくことにした。
    5組の準備はできた。
    明日にでもあと3組準備しておく。

2009/5/14(木) 晴れ

  • 男の料理
    近くの公民館で実施されている「男の健康料理教室」に参加することにした。
    先生2名に生徒10名(内2名は欠席)+私で、生徒は全員私より先輩の方々であった。
    料理のタイトルは初夏の味を楽しむ料理
    mame.jpg
    • ツタンカーメンの豆ごはん
      写真のとおり莢の中は普通の豆だった。しかし、このご飯何故か保温しておくと赤飯みたいに色がつくらしい。
    • 初かつおのたたきサラダ
      コチュジャンなど7品で作る調味料にかつおを漬け込んでおく。
      薬味をきかせたかつおのたたき料理
    • うの花
      おからの料理、鶏ミンチやえびなどが入り手の込んだ料理。
      おからも手をかければおいしくなる。
    • 草もち
      電子レンジでおもちを作った。乾燥よもぎを使用したが香りも残っている。
  • 感想
    今日は主に野菜の下ごしらえと皿洗いや片付けを手伝い様子見とした。
    レシピもあるし最初に先生から説明もあるので自分も出来そうである。
    おいしく出来た料理をみんなでいただいて解散した。
    この教室はもう6年も続いているそうです。
    お二人の先生ありがとうございました。
    教室の皆さんよろしくお願いします。
  • 料理する時の基本
    料理前の手洗い励行。
    包丁は刃先を奥に向けて置くこと。
    まな板はこまめに水洗いすること。

2009/5/13(水) 晴れ

patar.jpg
  • パターソン
    先日オークションで落札したパターソンのフイルム現像タンクが到着した。 古いが未使用品であった。
    ダークバックの中でするフイルム巻き込み作業が簡単に出来るとの事なので早速試してみる。
  • 明るい場所で
    カートリッジのまま、フイルムのベロをはさみで切り落とし、リール枠の出っ張り部分からキャッチされる(ベアリングがある)まで押し込む。
    black.jpg
  • ダークバックの中で
    • リールとフイルム、はさみ、タンクと蓋をダークバックの中に入れる。
    • カートリッジからフイルムを少し出しては左右のリール枠を逆方向にひねっては戻すを繰り返す。(簡単に巻き込みは出来る。)
    • フイルムの最後は、はさみでカートリッジから切り離す。
    • リールをタンクに入れて蓋をする。
    • ダークバックから取り出す。
  • 結果は
    大丈夫、簡単でした。 これならできます。

2009/5/12(火) 晴れ後雨

turn.jpg
  • ターンテーブル
    古い機械なのでスイッチ部分に接触不良が発生した。
    分解して再度のハンダ付けと接点復活剤による修理。直ったのでレコードを聞いた。
    レコード特有のスクラッチノイズはあるがやはりアナログの音はいい。
    レコード盤の溝にこれだけの音楽情報を書き込んでいる事にあらためて驚く。今後は新しいものの入手は難しいので、修理して使うこととする。
turn1.jpg
  • トーンアーム
    レコード盤から音を拾う機構がトーンアームとカートリッジである。
    全盛期にはカートリッジメーカーも沢山あった。MM型、MC型など独自の技術を競っていて音にも特徴があった。
    マニアはカートリッジを何種類が用意して交換しては音の変化を楽しんだ。カートリッジを交換した時はトーンアームの調整が必要であった。写真はその調整部分である。(バランス直後)
    アナログの時代はパーツの選択肢が多くて楽しかった。

2009/5/11(月) 晴れ

sand.jpg
  • 研磨
    コップは底の研磨が難しかった。
    マイクロ・サンドマスターが具合がいい。
    サンドペーパーはマジックテープで付く。
    直径25mm、軸径3mm、パッドは弾力がある。
    材料を旋盤で回転しながらの研磨でも、マイクロルータでの研磨でも両方使えて便利だ。
    ペーパーは#120、#240、#400を準備した。

2009/5/10(日) 晴れ

3hon.jpg
  • うるし
    今日はペンを2本組み立てた。
    貴重なハワイアンコアウッドの軸である。
    仕上げも拭き漆6回塗りとした。
    なぜか生漆は時間が経つと透明度が増す。
    左の1本が6ケ月位経過のもの、右2本が本日仕上げたもの。
    写真で違いが分かるだろうか?
    木目が美しいものは拭き漆の仕上げが似合う。

2009/5/9(土) 晴れ

book.jpg
  • 自宅でフイルム現像
    1979.6.6 第2刷のフォトハンドブックです。
    30年前の写真技術の本が本棚から出できた。
    今の興味は白黒フイルムの現像である。
    昔は自分でやっていのだがよく思い出せない。
    インターネットで調べみたが納得できない。
    この本には詳細が5ページも載っていた。
    ・最低必要な処理機材
    ・現像タンクへのフイルムの詰め方
    ・処理工程
    ・現像時間と温度
    などの項があり良く理解できた。
    インターネット時代でも専門書は必要である。
    機材は広島でもビッグカメラにありそうだ。
    来週にでも行ってみる。

2009/5/8(金) 晴れ

IMG_0838.jpg
  • NIKON F4
    NIKONのF4はF4、F4S、F4Eとバッテリーパックの違いで3つのバージョンがあります。
    私のカメラはF4Sです。
    バッテリーが単三6本でフイルム巻き上げ速度と撮影持続時間がF4より優れています。
    しかし大きくて重いカメラです。
    (写真のバッテリパック下2つがF4S用です。)
    nikonf4.jpg
    オークションでF4用のバッテリーパックを入手しました。
    バッテリーは単三4本です。
    NIKON F4に変身して小さくて軽くなりました。
    出番が多くなりそうです。

2009/5/7(木) 晴れ後雨

kaede.jpg
  • 手抜きはダメ
    荒削りの楓のぐい呑みを仕上げることにした。
    仕上げの段階で研磨傷がなかなかとれない。
    やはり手抜きはだめだった。
    もう一度サンドペーパで150番、240番、320番、400番と順を追って研磨し、やっと研磨傷がとれた。
    右は以前作ったもので気固めエース仕上げ、材料の色が生きている。
    今回は拭き漆で仕上げるつもり。

2009/5/6(水) 晴れ

amp1.jpg
  • 真空管アンプ
    20数年前自作した真空管アンプだが、電源スイッチを入れると音が出た。
    真空管アンプはやさしい音がする。
    アナログ時代の懐かしい音だ。
    だがecoの時代には不向きである。
    消費電力が多く重い。
    真空管の熱となっている。
    それなのに出力は5ワット以下だ。

2009/5/5(火) 晴れ後雨

  • 検索エンジン
    昨日ホームページの検索エンジンへの登録依頼を行った。
    反映は1週間から3週間先。
    依頼なしでも検索ロボットでエンジンへの登録は実施される。
    この場合は時間がかかる。(3ケ月以上先?)
beer.jpg
  • ビールサーバー
    ビールサーバーのページを立ち上げた。
    マイビールサーバに必要な情報を提供します。
    内容は少しづつ充実します。
    ぜひ皆さん樽生のおいしさを楽しんで下さい。
    泡がおいしさをキープします。
    ビールサーバー
    ビールサーバードットコム

2009/5/4(月) 曇り

urushi.jpg
  • 漆塗り、出来上がりはもう少し先
    拭き漆は木目を生かした美しい塗りであるが手間がかかる。以下の作業を5回繰り返す。
    • 必要なもの
      生漆(拭き漆用)
      テレピン油(漆の希釈および清掃用)
      新吉野紙(漆の濾し紙)
      陶器の皿(漆を取り出す皿)
      ハケ、ウエス(塗り、拭き取り) 
      ゴム手袋(手の汚れ・かぶれ防止)
      材料(今回はハワイアンコアウッドのペン軸)
      周辺を新聞紙で養生する。
      urushi1.jpg
    • 塗りは簡単
      ①新吉野紙で漆を濾して不純物を除く
      ②漆を塗る。(ハケまたはウエス)
      ③余分な漆をウエスで拭き取る。
      ④漆室で乾燥する。(湿度で乾燥)
       漆室:濡れタオル入りダンボール箱等
    • 材料の研磨は十分に
      材料は400番以上のサンドペーパーで十分に研磨しておくこと。
      仕上がりに影響する。

2009/5/3(日) 曇り

  • フイルムスキャナ
    フイルムスキャナで取り込んだカラーポジの画像です。
    IMG_0004.jpg
film.jpg
  • Canon MP980
    フイルムカメラで撮影したものはフイルムスキャナでPCに取り込む。
    フイルムスキャナは必需品である。
    それでプリンタは複合機のCanon MP980を選んだ。
    理由はフイルムスキャナを装備していること。

2009/5/2(土) 晴れ

  • 迷惑メール
    迷惑メールが多く困っていた。
    送信者が私のアドレスになているもの、送信者が空白のもの、
    その他色々な国からのセールスメールなどである。
    対策の検討中「SpamDump」というソフトを発見したので使ってみた。
    フィルタの設定が便利である。
    発信者のメールアドレスやドメインチェック、
    発信・中継刻国のチェックなど 12種類のフィルタ設定があり
    ほとんどの迷惑メールはストップできる。
    また「許可リストが拒否リストに優先」の設定もメールアドレス、
    ドメイン、タイトルで可能である。
    従って必要なメールが迷惑メールに埋もれてしまう事も防げる。
    なかなか使い勝手が良い。これで問題は解決した。
    シェアーウェアで1000円

2009/5/1(金) 晴れ

gindai.jpg
  • 神代杉
    1年前、神代杉を手に入れた。
    鳥海山の2600年前の埋もれ杉らしい。
    これでぐい呑みを作ってみた。
    ろくろで仕上げた直後は少し緑がかったいぶし銀色だったが、拭き漆の5回塗りで仕上げた。
    漆の色合いもいい。これで冷酒を飲むとおいしく感じる。

2009/4/30(木) 晴れ

  • 体力回復
    筋肉痛など、昨日の登山の影響はあまりない。
    朝から愛犬と散歩が可能であった。
    最近のトレーニングの結果が出ている。
    stadio.jpg
  • ミニスタジオ
    ホームページに載せる小物の撮影はフラッシュで撮影すると強烈な陰がでる。
    小物撮影用ミニスタジオを準備している。
    バックと底の写真に写る部分にブルーの紙、
    上部、左右にトレーシングペーパーを張っている。
    トレーシングペーパーの外から蛍光灯で照明する。
    蛍光灯の角度を調整して影が出ないように調整すればOK
    スローシャッターと正確なピント調整に三脚は必須。
    60mmマクロレンズはピント調整がやり易い。

2009/4/29(水) 晴れ

  • 無事登頂
    人生2回目の登山に行った。
    元の職場の仲間9名での冠山登山、
    約1ヶ月ぶりの仲間との再会で楽しい1日となった。
    しかし、長い道のり、急勾配の坂道、滑りやすい足元と非常に苦しいつらい登山であった。
    スローペースで皆さんには迷惑をかた。
    だが山頂に着くとその苦しさは忘れる。
    これが登山というものか?。
    体調の回復が今回は早い。
    少し休憩すると脈拍もすぐ回復するし、筋肉痛も前回ほどひどくない。
    最近始めたトレーニングの効果かもしれない。
    山頂での暖かい噌汁やコーヒーそして車の送迎ありがとう。
    そして参加者の皆さんさんありがとうございました。
    今度は低い山の時に声をかけてください。
    現役の皆さんは若いので筋肉痛で明日お休みはないですよね!
kanmuri.jpg
  • 冠山登山のデータ
    • 冠山登山は広島県で最も人気のある山の一つ
    • 本日のコース 登山口標高780m 標高差560m 距離(片道)4km
    • 広島県標高ベスト3
      恐羅漢山 標高1346m
      安芸冠山 標高1339m
      十方山  標高1319m
katakuri.jpg
  • カタクリの花の群生地
    • 今の時期はカタクリの群生が見られる。
      もう少し時期が早いほうが良いらしい。
      日光で花びらが開くそうです。

2009/4/28(火) 晴れ

  • ラジオサーバー
    ラジオサーバーPLYMPUS(VJ-10)を購入しました。
    約1ヶ月間の使用感の報告です。
    vj10.jpg
    • ラジオサーバーはHDD録音装置付ラジオです。
    • 付属アンテナでは感度不足
      私の工房ではNHK NG → 雑音多
      RCC OK → 廿日市にRCCのアンテナがある。
      アンテナを同調式ループに取替 → OK
    • 機能
      音楽 WMA,MP3可 PCとの録音も簡単
      音質 小型の割りには良い(WOW搭載)
      ラジオ録音 予約録音可能
      再生 早聞き再生/遅聞き再生
    • メリット
      工房作業中も耳から情報が入る。テレビを見る時間が少なくなった。
      ラジオ講座の受講にも便利だと思う。

2009/4/27(月) 晴れのち曇り

  • タイヤ交換
    タイヤ交換は前回まで2100円だったが今回は4200円だという。
    4200円を節約する! 自分で交換。
    少し手間取ったが洗車を含め2時間位で無事完了。
cap.jpg
  • センターキャップが外れない
    キャップが軟らかくドライバーでこじってもゆがむだけで外れない。
    結局細いドラバーを奥深く(4~5cm)さしこみ、こじるストロークを大きくして外した。
    rench.jpg
  • ネジがきつい
    昔はレンチをナットかませてレンチを足で蹴ったり体重をのせてナットをゆるめていた。
    この方法だとレンチが傾き、アルミホイールのネジ穴を傷めるので一工夫、写真のようにして十字レンチに体重をかけてナットをゆるめた。

2009/4/26(日) くもり

  • 釣行中止
    今日は朝から風が強く海の波も高そうです。
    金曜日に行った本日の釣行中止の判断は正解だった。
  • コンテンツ追加
    すべてのメニューのリンク先にコンテンツを追加した。
    検索エンジンへの登録などホームページの公開の手続きがよく分からない。

2009/4/25(土) 雨のちくもり

  • 登山予定中止
    本日は退職前の職場の人たちと登山の予定であったが、あいにくの雨で中止となった。
    今度は4月29日の予定であるが参加できるかどうかは調整中である。
  • コンテンツ追加
    ホームページの内容の追加を実施した。
    • 工房の設備の紹介をUPした。
    • ペン作りの手順をUPした。
    • 糸鋸クラフトの手順をUPした。
    • フイルムカメラ一部の写真とスペックをUPした。

2009/4/24(金) 晴れ

  • 念願のホームページ完成
    ホームページ作成ソフトやテンプレートを探していてなかなか満足できるものが無かったが、昨日偶然QHM(Quick Homepage Maker)に出会った。
    QHMについては北摂情報学研究所で非常に詳しくて分かり易い解説がなされている。(会員登録すれば誰でも見れる。)
    この解説を参考に昨日からドメインの取得やレンタルサーバの手配を行い、北摂情報学研究所の「QHM Professional 体験版」をインストールして自分用に内容変更を行って本日マイホームページの骨格が完成した。評判通り非常に簡単で完成まで2日間だった。 QMHは正規に購入してこれからコンテンツの充実を図る。
    QHMの詳しい事はこちらで⇒ QHMのサイトです
    csb.jpg
  • ラインブースター設置
    地デジ対応のテレビを購入したが分配ロスとケーブルロスが大きくて衛星受信が出来ない。BSではブロックノイズ発生、CSは全く受信出来ず。
    ラインブースターなるものをネツトで発見したので早速入手した。
    効果は抜群でBS、CS共正常に受信できるようになった。
    価格は2500円だった。(CSB-25-SP 18~26dB増幅 日本アンテナ)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional