趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku09-07

今日の出来事

2009/7/31(金) 晴れ

7-31.jpg
  • 漆塗り研磨
    漆拭き仕上げの作品の最終研磨を行った。
    素晴らしい光沢が出る。
    ポプリポットも塗装面の輝きが増した。
    手順は良く乾燥した漆面に食用油を薄く塗り、つの粉または同等の磨き粉をまぶす。
    それを手のひら又は指を使って磨く。
    粉をまぶしては油をふき取る感じで磨く。
    艶がでたらには軟らかい綿で磨き粉をふき取り完成。
    • 磨き粉
      漆器用三和呂色磨粉クリーム(三和研磨工業製)

2009/7/30(木) 晴れ

7-30.jpg
  • 時計
    一昨日準備した時計の文字盤部分は挽き終わり仕上げに入っている。
    漆仕上げで今日は目止め塗りを行った。
    写真は組み込む時計のメカである。
    来週末には完成品をここに載せることが出来るだろう。

2009/7/29(水) 曇り

7-29.jpg
  • 木の名前
    東急ハンズで硬い木を手に入れた。
    木目の詰まった重い木で銘木端材としか表示されていなかった。
    この木でボールペンを作ってみた。
    LATHE POLISHとカルナバハックスで仕上げた。 かなり良い感じのペンが出来る。
    写真上が材料であるが着色してあるような感じだ。 この木の名前が知りたい。
    ご存知の方はお教え下さい。

2009/7/28(火) 曇り

7-28.jpg
  • 何が出来る?
    45mm厚で直径180mmの欅板に5mmΦの檜棒を12本埋め込んだ。
    檜棒の出ている部分は接着剤が乾いた後切り落とす。 これで時計を作る。
    檜棒の象嵌は1から12までの数字の代わり。
    旋盤でお盆の形に挽き中心に穴を空けて時計の針を取り付ける。
    時計ユニットはお盆の裏側に埋め込む。
    45mm厚の重量感のある時計が出来上がるはずだ。

2009/7/27(月) 晴れ

7-27.jpg
  • 朝顔
    工房の窓辺で朝顔が咲き出した。
    まだつるの数が少なくグリーンのカーテンとはいかない。
    花芽は全ての葉の脇についていて下の方から次々に咲いていくが1つの花の寿命は短い。 また、雨が多いので咲く前に落ちる花や枯れる葉が多い。 晴天が続けば工房の窓を覆うグリーンカーテンとなるだろう。

2009/7/26(日) 雨

7-26.jpg
  • スライド丸のこ
    テーブルソーも便利だがキックバックが怖い。小さな切れ端は自分の方に飛んでくる。
    また、切断面の垂直や水平の角度の精度が出にくい。
    これらのすべてでスライド丸のこは優れている。 レーザーマーカーで切断線も表示する。
    欠点は価格が高いこと。 程度の良い中古が出るのを待って手に入れた。
    このHITACHI C7FSH2は期待通りに活躍してくれている。

2009/7/25(土) 雨後曇り

7-25.jpg
  • MC-88集塵
    バンドソーMC-88は好調である。
    本来の集塵機接続口は裏面にあるが集塵効率が良くない。
    元のオーナーは前面左下に穴を開けて集塵口としていたようだが我が家の集塵機はホース径が合わない。
    欅の端材で前面口のアダプタと裏面の蓋を作り前面集塵を試した。 結果は前面集塵の勝ちで前面集塵に決定。
    その他の使い勝手もすこぶる良い。
    リョービのバンドソーは処分することにする。

2009/7/24(金) 曇り時々雨

7-24.jpg
  • 集塵ホース固定
    旋盤作業で集塵ホースを思い通りの場所に固定したいのでマグネットクリップを作製した。
    ホース保持板はマグネット台のプラスチック爪にかませてビス固定する。 正確な11mm厚の板が必要である。
    今回整備したMC-88バンドソーとドリフトの無い特注替刃(8mm)を使って挽き割った。
    さすがにドリフトも無く正確な11mmの板が簡単に作れた。

2009/7/23(木) 晴れ

7-23.jpg
  • メバル
    友人を誘って釣りに行ってきた。
    友人は船釣りの経験はあまり無いのでお試しの釣行だ。 釣果は写真のとおり。
    先日の豪雨の影響でマリーナの中はゴミがびっしりと浮かんでいる。 このような時は、流木を避けながらゴミをスクリューに巻き込まないようにゆっくり進む。
    チヌは海が濁っていると警戒心をなくして良く釣れるのだが、今日は釣り場にもゴミが多く仕掛けが引っかかり釣りにならない。
    37cmが1匹釣れたので早々に引き上げた。

2009/7/22(水) 曇り

7-22.jpg
  • プリアンプ(2)
    今日も古いものの紹介です。
    ONKYO Integra P-306R これも当時高くて購入できなかったプリアンプだが中古を見つけて格安で入手。1981年当時の価格は100,000円だったが数年前に1/5位で購入した。
    古いものなので音は正常だったがランプが点灯しない所があった。
    ハンダ付け部分が接触不良となっているのが分かり再度ハンダ付けしなおして正常となり現在も良好に動作している。
    28年前の製品であるがこの時代のものは私の古い技術でもどうにか修理できる。

2009/7/21(火) 雨

7-21.jpg
  • トゥイーター
    オーディオ装置のスピーカはJBL 4312B MkⅡを使用している。 小型であるが低音も豊かで好みの音を出す。
    しかし、少し高音域に物足りなさを感じるのでスーパートゥイーターとしてYAMAHA JAO-506を追加している。
    これはずいぶん古い、1977年頃購入したものだが気に入って使い続けている。 32年間も現役で活躍してくれているという事だ。

2009/7/20(月) 雨

7-20.jpg
  • ペンメイキング体験会
    今日はあいにくの雨のなかペンメイキング体験会を開催した。
    小学3年生1名を含む4名で体験した。
    写真は皆さんの作品である。
    ペン造りは適切なアドバイスがあれば綺麗に出来上がる。
    小学生も少し大人が手伝ったが自分で最後まで頑張った。
    16時前それぞれ自慢の作品をお土産に解散した。
    機会があればまた一緒にペンを作りましょう。

2009/7/19(日) 晴れ

7-19.jpg
  • バンドソー
    バンドソーから異音がした。
    前面カバーを空けるとアッパーホイールのゴムベルトが垂れ下がっている。
    先日劣化している事は感じていたがこれほど早く切れるとは思っていなかった。
    メーカーにはゴムベルトについて問い合わせていたのだがまだ返事がない、明日までメーカーも休みなのだろう。
    火曜日に今度はメールでなく電話をしてみる。

2009/7/18(土) 晴れ

7-18.jpg
  • ポプリポット
    欅材で挽いたポプリポットだ。
    仕上げは拭き漆の4回塗り、蓋はピューター製である。
    落ち着いた作品に仕上がった。
    漆がもう少し乾いてからつの粉で最終仕上げを行う。
    ポプリは手元にない、使用した感じはどんなものだろうか?

2009/7/17(金) 雨後曇り

7-17.jpg
  • バンドソー
    YUTAKA MC-88マイティーカットバンドソーの中古を入手した。
    傷や錆など余りないがかなり古いものなのでホイールのゴムベルトの交換は必要のようだ。部品をメーカーに問い合わせ中である。
    コンパクトサイズでパワーは期待できないが、回転はスムーズで振動も少ない。
    フレームはアルミダイキャストの一体構造、カバーは1.7mm厚の鉄板を使用している。シンプルで好感の持てる造りである。
    また、アッパープーリーの左右角度が調整可能でバンドソーの欠点である切断の直線性も向上するらしい。。
    替刃も3、6、8、10mmと揃っている。
    少し使い込んでみよう。

2009/7/16(木) 曇り時々雨

7-16.jpg
  • 工房の片付け
    7月20日にペン作り体験会を予定しているので工房の片付けを行った。
    集塵機内の木屑がいつの間にか米袋1つに入りきらない程溜まっていた。
    お盆などの器を挽きだして急に増えてきた。
    木の厚みを生かして作っているのだが、作品より木屑の量の方が多いように思う。
    ペン作りだけの頃、集塵機が大きすぎると思っていたがこれ以上の大きさは必要だ。

2009/7/15(水) 雨後曇り

7-15.jpg
  • 電動歯ブラシ
    電動歯ブラシが止まらなくなった。
    1週間前からスイッチの動作があまり良くなかったが歯磨きを終わり停止しようとしてもスイッチのOFFが利かない。
    電池が放電するまでそのままおいておこうかとも考えたがうるさいし動き廻る。
    やむを得ずスイッチ部分のゴムを切り取り接点をショートして動作を止めた。
    スイッチの故障はONが出来ないよりOFFが出来ない場合の方がやっかいだ。

2009/7/14(火) 晴れ

7-14.jpg
  • プリアンプ
    30年前のオーディオ装置が健在だ。
    ステレオプリアンプはDENONのPRA-2000で1979年5月発売の製品である。
    当時の定価は200,000円で高くてとても購入できなかった。
    数年前、オークションに出ているのを見つけた。
    右側の音が出ない故障品だったので格安で購入できた。
    オシロスコープで故障箇所を見つけ出し自分で修理した。
    それ以降すこぶる調子がいい。
    外観もピアノ塗装というのか鏡面仕上げで美しく傷もあまり無い。
    今後も大事に使っていく。

2009/7/13(月) 晴れ

7-13.jpg
  • 棒カンナ
    25cmの欅のお盆作りを棒カンナで挑戦した
    キャッチの連続で木工バイトのようにはいかないが、だんだんとコツが分かってくる。
    カンナのL字型刃の角の部分で削り込み、平らな部分はスキューのように仕上げに使う。
    いずれも材料に対する刃先の角度が重要。
    旨くいった場合は刃先が薄くて鋭い分、切り口が綺麗だ。
    キャッチを恐れず経験して慣れるしかないようだ。 早く使いこなしたい。

2009/7/12(日) 晴れ

7-12.jpg
  • 大皿続き
    大皿の拭き漆5回塗りが終了した。
    直径38.5cm、厚さ3.3cmでずっしりと重い。
    つの粉で磨けばまだ艶がでるはずなので近々注文する予定。
    「つの粉」はとの粉の間違いかと思ったが売っている。 漆は奥が深い。
    皿の使い道は決まっていないがさしみの生き造りなどを盛ったらどうだろうか?
    材料はまだ沢山あるので当分はお盆や皿が作れる。

2009/7/11(土) 曇り時々晴れ

7-11.jpg
  • 製氷機
    業務用の製氷機は水道への接続と排水が必要なので設置場所が固定される。 これでは面白くないので改造して使用している。
    水はタンクを設置しポンプで組み上げて供給する事にした。
    排水口から出る水は製氷室で溶けた水と水道水の素通しの水なので水タンクに貯めて再利用するが念のため浄水器を使用している。
    ポンプは製氷機の給水ON、OFFで自動動作する必要がある。 圧力が高くなると自動停止するプレッシャーポンプを使用した。
    うまく動作するが心配だったがもう3年間位故障もせずに動作している。
    工事が不要で節水にもなる良いアイデアだったと思う。
  • 写真の説明
    • 上部は製氷機
    • 水タンクの上はプレッシャポンプと12V電源
    • 右前浄水器
    • 右後ビールサーバ用炭酸ガスボンベ

2009/7/10(金) 雨

7-10.jpg
  • バンカキ
    直径10cmくらいのポットの仕上げにバンカキを使用してみた。
    旋盤を低速で回転しながらバンカキをハンドフリーで軽く材料に当てると表面の凸凹をならすように細かい切り屑が出てくる。
    旋盤を逆転して再度表面を薄く削ると逆目が整えられる。 後のサンドペーパー仕上げが非常に楽になる。
    手入れは仕上砥石でカンナのように研ぐ。
    結構役に立つ道具で持っていて損はない。

2009/7/9(木) 曇り

7-9.jpg
  • カンナ棒
    • 今日は月に1回の料理教室、同じメンバーで夕方から居酒屋で暑気払いを行い親睦を深めた。
    • 捜していた木工ろくろの道具をやっと見つけたので購入した。
      カンナ棒とバンカキという名称であるが所によって呼び名は違うらしい。
      ターニングツールで言えばカンナ棒はガウジとスキューの機能、バンカキは仕上げ専用スキューに相当するようだ。
      使い方は難しいがマスターすればカンナ棒で削り、穴あけ、仕上げ全部が出来るらしい。 次はこの道具でお盆作りに挑戦する。

2009/7/8(水) 雨

7-8.jpg
  • 発電機
    昔から欲しいと思っていたガソリンエンジン発電機を2年前に購入した。 4サイクルエンジンで一発でかかるし900VAなのでかなりの電気製品が使用できる。
    昔台風の後3日間位停電したことがあったがこのような時やアウトドアでも利用出来るので購入した。
    しかし、2年経ってみると1度も使用のチャンスは無かった。 5~6回のテスト運転のみ。 昨日のテスト運転も順調だった。
    惜しい気もするがオークションに出品した。
    5000円スタートなのだがいくらで売れるのか楽しみだ。
    型番は新ダイワ工業のEG900-B、100V0.9KVA(60HZ)。

2009/7/7(火) 晴れ

7-7.jpg
  • 久しぶりの釣り
    朝4時起きだが準備があるので出航は5時30分となった、釣り場には6時到着。 チヌのエサとなる瀬戸貝がよく付いている。
    カニをゆっくり落としていくとチヌが食ってくる。 落し込みという釣り方だ。 30分の間に3枚。
    場所を変えておなじ落し込みでチヌを狙う。
    ここでも1枚釣れた47cmの大型だった。
    次はキス狙いでまた場所移動。
    昨年実績のあった場所で1投目からキスが釣れる。 型もますまずだ。
    14匹釣ったところであたりが無くなり本日の釣りは終了。
    まだ朝の9時だが暑くなるし風も強くなるので帰港。
    これから秋にかけてはチヌ、キスが良く釣れる。

2009/7/6(月) 晴れ

7-6.jpg
  • 木工旋盤の紹介
    工房の設備は購入時のまま使用しているものは少ない。
    旋盤もRIKON Mini Lathe Model:70-100をベースにモーターを三相誘導モータに取替えてインバータ駆動することにより、使いやすくかつパワーアップを図っている。
    • モーター取替えによるパワーアップ
      単相100V 0.5HP → 三相200V 0.86HP
    • インバーター化のメリット
      ・VRで回転数の連続調整ができる。
      ・スイッチで正転・逆転の切替ができる。
      ・OFF時停止までの時間が早い。
  • 改造ポイント
    • モーターは本体取り付けを取りやめてベースの板にボルトで固定した。
    • ベルトの張り調整はベースと本体の間のスペーサーで調整する。
    • 本体の電源スイッチや電源コード類は取り外し、隙間は真鍮板で蓋をした。
    • プーリーも取り外しVプーリーに取替えた。
      ・ベルト 3Vベルト(細い)
      ・プーリー径 モーター側83mm 主軸側57mm
    • 工房には200V電源がないので、100v入力200V出力のインバータを採用した。

2009/7/5(日) 曇り

7-5.jpg
  • 集塵機
    工房で作業すると旋盤で出る木屑やサンドペーパーのダストがまき上がり健康に良くない。
    集塵機はこれらのダストを勢い良く吸い込んでくれるがオリジナルのままではすぐにフイルターが目ずまりして効果が落ちる。
    最近はキャニスターフィルターに交換したので目ずまりは解決した。
    また、ホースも付属のホースから自在ホースに変更して便利になった。
    このホースは自由な形状で静止出来るし、接続部も径を±10%変更できて便利だ。
    • 集塵機
      KERV DC90(100V 1HP、ホース径100mm)
    • オプション
      1ミクロンキャニスターフィルター
      自在ホース
      ホーススタンド

2009/7/4(土) 晴れ

7-4.jpg
  • 右巻き?左巻き?
    朝顔のつるは左巻きと言う。
    しかし我が家の朝顔はのつるは右に巻いている。 右ネジと一緒だ。
    左巻きに矯正してみたがどうもしっくりこない。
    ネットで調べてみるとこの状態を植物の世界では左巻きと言っているらしい。
    混乱するが我が家の朝顔のつるも左巻きということだ。

2009/7/3(金) 晴れ後雨

7-3.jpg
  • 船舶免許
    小型船舶操縦免許証の更新講習に参加した。
    免許の有効期限は5年間で更新手続きは1年前から出来る。
    今までは中国海技学院本部まで片道1時間をかけて行っていたが近くの区民文化センターに出張して講習会を開催してくれた。
    18時30分から約1時間の講習で参加者は30人弱、夕方からしかも近所での講習会なので参加者も思ったより多かった。
    新しい免許証は2週間先になる。
    現在の免許証は申請の時点で無効となり返納するのだがその間は船舶を操縦できない。
    それでは困るので古い免許証もそれまでの間有効となるよう処理してもらい返してもらった。

2009/7/2(木) 晴れ

7-2.jpg
  • 漆の乾燥
    大皿の仕上げが終わり塗装に着手した。
    今日は目止めでとの粉とテレピン油と生漆を混ぜたものを大皿全体に塗った。
    漆の乾燥には漆室があれば理想だが無い。
    ダンボールの底にビニールを敷き濡れタオル(雑巾)を敷く、割り箸をスペーサーとして作品を入れて漆室とする。 蓋をして湿度70%以上温度20℃以上に保ち24時間おけば次の塗りに取り掛かれる程に乾燥する。
    片付けも簡単でこのダンボール漆室は当分続くだろう。

2009/7/1(水) 雨

7-1.jpg
  • 40cmの大皿に挑戦
    Grizzlyのチャックが到着したので念願の40cmの大皿の作製に着手した。 材料は先日サークルカットしておいた欅の古材を使った。
    昨日書いたチャックの偏芯も材料を掴むとあまり気にならないのでOKとする。
    欅の古材は非常に堅いので刃物がすぐに切れなくなり途中で研ぎが必要となる。 テックさんから購入したスペシャルツールも使用したが良く切れて大助かりである。
    ろくろのプーリー交換も大成功、トルクが大幅に上昇外周でも止まることなくガンガン削れる。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional