趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku09-08

今日の出来事

2009/8/31(月) 晴れ

8-31.jpg
  • ベルトサンダー(2)
    DIY用の新品か業務用の中古かで悩んでいたが業務用の中古にした。 古くて値段もDIY用の新品より高かったが不満は無い。(製造番号から推測すると1985年の製造らしい)
    造りはしっかりしている。 モーターの冷却ファンカバーは厚みが5.5mmの鋳造アルミ(?)、回転ローラーの厚みもドライブ側14mm・テンション側6mm、モーターの出力は400w(消費電力850w)ととにかく大きくて総重量58kgである。 実際の動作は異音や振動も無くスムーズに回転している。 パワーも十分だ。 あえて難点を言えば重くて移動が大変なのと、後で塗っている色が好みに合わない。
    これを活用して新しい分野に趣味を広げて行きたい。

2009/8/30(日) 晴れ

8-30.jpg
  • STICK
    山歩会の登山は7~9月を休み10月から再開の予定。 登山用品は持っていないのでSTICKは何時も会長が用意してくれていた。 
    今日スポーツショップHIMARAYAの近くを通ったので自前のSTICKを購入した。 グリップの違いで2ウェイグリップとストックタイプがあるらしい。 ストックタイプは左右2本を使用するのが正しいとの説明書があった。 
    どちらが良いのか分からないが2ウェイグリップの4,000円弱のものを1本買って帰った。

2009/8/29(土) 晴れ

8-29.jpg
  • ベルトサンダー
    ベルトサンダーの購入を検討中。
    リョービのBDS1000は送料込みで18,000円弱で購入できる。 新品だがDIY用で"つくり"は期待できない。
    またオークションでは業務用のベルトグラインダが20,000円前後で入手できそうだ。 こちらは中古で2~30年前の製造のようだ。 重量も48kgありモーターは400W出力、再塗装すれば見栄えは良くなりそうだ。 ベアリング交換も必要かもしれない。
    思案中・・・

2009/8/28(金) 雨後曇り

8-28.jpg
  • 大失敗
    昨日久しぶりに植物園に行き写真を撮ってフイルムを現像に出した後で重大な事にきずいた。 レンズキャップを外した覚えが無い。 一眼レフのカメラならばファインダーに写らないのですぐ気が付くがレンジファインダーカメラはレンズキャップをしていてもファインダー内の表示は正常でシャッターも切れる。 基本の基本なのだが完全な失敗であった。 今日キタムラにフィルムの回収に行ってきた。
  • ペットの怪我
    ペットの犬(REX)が左側前足を上げて3本足で歩いている。 少し高い所から飛び降りた時、脱臼か捻挫をしたようだ。 医者に行き痛み止めの注射を打って明日まで様子をみることになった。 もちろん保険はかけてないので全額支払いであった。

2009/8/27(木) 晴れ

8-27.jpg
  • ウインチ用スイッチ
    ボートのアンカーを人力で上げるのは大変なのでウインチを装備している。 10年も海上保管するとスイッチがダメになり交換することにした。 流れる電流が大きいので電線は5.5m㎡で圧着端子を使用して確実に接続する必要がある。 海上での作業はなるべく簡単にしたいので今日は事前準備をした。
    現地では電池とウインチを接続しているキャプタイヤケーブルを途中で切断してスイッチを挿入する。 電池側とウインチ側の線、計4本を写真の黄色い部品に挿入して圧着する。

2009/8/26(水) 晴れ

8-26.jpg
  • スプレー塗装
    スプレー塗装は綺麗に仕上がるがスプレーガンやコンプレッサーなどの設備が必要である。 しかし、HVLP方式ならば写真の器具だけで良い。 日本ワグナー社のファインコートW640という商品だ。 温風低圧塗装という方式で塗装の際の付近への飛び散りも少ない。 これで自作カウンターをカシュー塗料のスプレー塗装をしたが非常に旨く塗装できた。 使用後も23×28×29cmの箱にしまっておけて場所ををらない。

2009/8/25(火) 晴れ

8-25.jpg
  • 電源コード取替え
    昨日パソコンのOSリカバリーを行ったがまだフリーズする。 常駐ソフトSpam Dumpとの関係がありそうだ。 他の迷惑メール対策ソフトに変更が必要かもしれない。
    8-25-2.jpg
    今日の作業はボール盤の電源コードの取り替えだ。 全て圧着端子が使用されているので取替えは簡単で確実にできる。
    見た目にも綺麗になった。

2009/8/24(月)

8-24.jpg
  • OSリカバリー
    1ケ月前位からパソコンの調子が良くなかった。 1日に1~2回フリーズする。
    パソコン工房製品でOSはWindows XP Home Editionである。
    ディスクやレジストリのクリーニング、システム復元ソフトの実行などやってみたがNG。
    今日は思い切ってOSの再インストールを行った。 システムの現状を保存しながらOSのみ再インストールできる修復モードで無事リカバリ完了。 しかしIEのバージョンダウンで動作がおかしい。 それではとIE8をダウンロードするがうまくインストール出来ない。 やむを得ずIE7をダウンロードするが途中で画面が進行しない。 強制終了するとダウンロードは終了しているようなのでインストールしてみるとこれは無事完了した。 動作も今の所OK。
    どれも原因のはっきりしない解決方法ですっきりしない。

2009/8/23(日)

8-23.jpg
  • ベルトサンダー
    超小型のベルト・ディスクサンダーです。サンディングディスクを取替えました。 125mmΦのディスクで両面テープで取り付けます。 小型の割には振動と騒音がかなりあるのであまり使用していません。 工房の整理をしたので少しスペースができました。
    本格的なベルト・ディスクサンダーを捜したいと思います。
  • Power sonic BSD-25 仕様
    • AC100V 180W
    • ベルト 25mm幅
    • ディスク 125mmΦ
    • 重さ 8.4kg

2009/8/22(土)

8-22.jpg
  • ジャンパードット
    ボートのテント(キャンバストップ)はオリジナルではホックで止めてあった。 今回テントが破損したため自作したがこのホックが見つからなかった。 両面ハトメを打ち船体にはビス止めを考えていたがネットでこのホックが見つかった。 正式名はジャンパードットと言うらしい。
    送ってもらったものを確認したがボートに付いていたホックとほぼ同一。 これで自作キャンパストップは完成する。

2009/8/21(金)

8-21.jpg
  • サイクロン?
    家庭用の掃除機の調子が良くないので購入した。 集塵機でサイクロン方式の良い面が分かっているので選定基準はサイクロン式掃除機とした。 ダイソンが有名だが値段が高い。 日立の掃除機44,000円位したものが27,800円と言うのでこれを購入した。
    持ち帰り早速構造を見ると何処がサイクロンなのか分からない。 フイルター方式と同じに見える。ただゴミ袋は必要ない。 ゴミ袋がないのでサイクロン方式なのだろうか? 良く分からないが集塵力が継続してくれるなら良い。

2009/8/20(木)

8-20.jpg
  • 料理教室
    今月はお盆で料理教室の開催日が少し後に週に延びた。 写真が作品、盛り付けも工夫した。 今日のメニューはご飯が無くそばなのでどうかなと思ったが結構ボリュームがあった。
    小松菜とわかめを一緒にゆでたそばは初めてだが結構いける。 枝豆のスープは歯ごたえがありおいしい。 また、うなぎとゴーヤの組み合わせも良かった。
  • 今日の献立
    • ざるそば
    • 枝豆とコーンのスープ
    • うなぎとゴーヤの中華風サラダ

2009/8/19(水) 晴れ

8-19.jpg
  • ダイヤルゲージ
    ダイヤルゲージは0.01mmの変化が測定できる。 早速KIRAボール盤のドリル刃の振れを測定してみた。 チャックにドリル刃の6.5mmを咬ませてドリル刃の真円部分にダイヤルゲージを当て、プーリーを手で廻してみる。 測定結果は0.04mm以下で予想以上の良い結果である。 改めて業務用の機械の精度の高さに驚いた。
    精度の高い機械とこれを使いこなす経験豊かな職人に支えられた日本の製造業が廃れるのは惜しい。

2009/8/18(火) 晴れ

8-18.jpg
  • ボートのテント完成
    8月12日材料を準備していたボートのテントを作製した。 今度のテントはポリエチレン製で色はグレー、要した時間は約3時間で以下の手順で作製した。
    • 寸法取り
      寸法図にしたがってポリエチレンシートにマジックインクで寸法を書いていく。
    • 裁断
      縁部分を5cm折り返したいので採寸位置から+5cmの部分をはさみで裁断する。 折り返しのRのついた部分には数箇所折り返し易いように切れ目を入れておく。
    • 加工
      縁部分は5cm折り返し両面テープで貼り付ける。 R部分は重ならないように折り返し部分を切り取りながら貼り付けた。
      ポリエチレンには通常の接着剤や両面テープは使用できない。
      ポリエチレン専用両面テープがあるのでこれを使用した。
      8-18-2.jpg
    • ハトメ打ち込み
      ボートへの取り付け部分はハトメ(#20)で補強する。 入手していたハトメは両面ハトメでなかったので改めて注文する。 写真左が両面ハトメの裏面で右に比べて強度が出る。 表はどちらも同じ。 この作業はボートに合わせる必要があるので取り付け時に現地で実施する。
    • ボートに取り付け
      後日MMCメンバーが集合して実施する。 元のテントはホックで止まってしたが部品が入手できないのでステンレスビスで取り付ける予定。

2009/8/17(月) 晴れ

  • KIRA KND-8
    kira-1.jpg
    ボール盤 KIRA KND-8 のページを追加しました。 ⇒ KIRA KND-8

2009/8/16(日) 晴れ

8-16.jpg
  • ドリルチャック(3)
    注文のドリルチャックが到着した。
    GLOBE MG10mm 工業機械用精密A級 TAPER(JACOBS#1)である。
    写真左側が今までのMG6.5mm、右側が購入したMG10mmでかなり大きいが振れ精度は0.08mmである。 結局このボール盤(KIRA KND-8)は合計で約2万円の出費となったが満足している。
    前のボール盤(DIY用)はドリルチャックと同じ位の価格で購入している。
    DIY用のボール盤に精度を期待せず使い道を限定すればこれはこれで便利である。

2009/8/15(土) 雨後曇り

8-15.jpg
  • ドリルチャック(2)
    ボール盤からドリルチャック外しに成功した。
    色々考えたが手持の工具で工夫した。
    ベアリング抜きでチャックを持ちシャンクを押す方法を採用した。
    しかしベアリング抜きのセンターネジが太すぎてチャックの中に入らない。
    6mmの総ネジを3.5cmに切断して片方の端に2mmのドリルでくぼみをつけてベアリング抜きの押しネジがすべらないように加工。
    シャンクとチャックの接合部には念のためねじ緩めオイルスプレーをしておく。
    チャックの中に6mmネジを入れてその下端とチャックの上部にベアリング抜きをかませてセンターネジを締めていくと以外に簡単にチャックの取り外しができた。
    10mmのドリルチャックはやはりGLOBE印のMG10を注文した。
    特殊仕様のJT1なので送料込みで8,820円とかなりの出費となったがそれだけの価値はあると思う。

2009/8/14(金) 晴れ

8-14.jpg
  • ドリルチャック
    KIRAボール盤にはGLOBEの6.5mmMGのチャックが付いていた。 国産の一流メーカーのマシングレードで振れ精度は0.08mm以下である。 精度に不足はないが10mmのドリル刃も使用したいのでチャックの交換を検討したが難しそうだ。
  • チャックの取り外し
    ボール盤シャンクへの取り付けはヤコブテーパー(JT1)であり取り外しは考慮されてない。 無理に外すとシャンクやチャックを傷めるらしい。 ベアリング抜きで工夫して抜けるか?
  • 10mmチャックはJT2S
    MG10チャックの標準取り付けはJT2Sである。 調べると特別仕様でJT1も作製してくれるが高い。

2009/8/13(木) 雨後晴れ

8-13-1.jpg
  • KIRAボール盤
    鉄工所などで使用しているプロ用のボール盤の中古を捜していたがついに入手できた。
    大型のものはよく出るが重量が70~100kgもあるのでNG。
    先週KIRA KNG-8がオークションに出品されたので早速これを入手した。
    これは高さが68cm、重さは33kgでモーターは200wである。チャックはMAX6.5mmのJIS規格が付いている。
    ホームセンターで購入したDIY用のボール盤とは全く別物で振動も無く音も静かであるがそれ以上に精度が素晴らしい。 ドリル刃先の振れが全く無い。 これなら硬い金属への1mmΦの穴あけも簡単にできるだろう。
    8-13-2.jpg
    20年以上も前に製造されたものであるので昨日配達された時は油にまみれていて非常に汚かった。 半日かけてスチールウールたわしとマケンで清掃し見違えるように綺麗になった。
    スピンドルのずれや大きなきずなどはなく良品である。 Made in japanのプロ仕様の品質はやはり素晴らしい。

2009/8/12(水) 曇り時々雨

8-12-1.jpg
  • オーニングの修理
    ボートの日除けが破れた。新しいものに取り替えたいが業者見積もりでは3~5万円位はかかるとのこと。 自作を思い立ち検討していたがようやく自作可能との見通しがたった。
  • 製作の方針
    ・シートは耐候性と耐久力を考え厚手のポリエチレンシートを使用する。
    ・船体への取り付けはシートにハトメを打ちビス止めとする。
    ・縁加工はポリエチレン専用両面テープを使う。
    8-12-2.jpg
  • 材料調達
    材料と工具はすべて近くのホームセンターで調達できた。 費用も1/10位で済みそうだ。 採寸・裁断、加工までは我が家で出来るが
    ハトメの位置は微妙なので現物合わせとする。

2009/8/11(火) 晴れ時々雨

8-11.jpg
  • 集塵機
    toriton Dust Collectorは便利だがフィルターが目詰まりして吸引力がすぐ低下する。
    サイクロン式だと目詰まりの心配がないが小型のものが無かった。
    昨日オフ・コーポレーションからサイクロン式の集塵機(oneidaダスト・デピュティー)の発売のメールがあった。
    定価14,800円だが今予約すると2,000円offとのことなので即申し込んだ。

2009/8/10(月) 曇り

8-10-1.jpg
  • カビ取り剤のテスト
    • ボートのカビ
      海上保管のボートはどうしても湿気でカビが発生する。 特にキャビン内のクッションのカビが目立つ。
      先日MONOTAROで購入した業務用のカビ取り剤トレールンAを試してみた。
      8-10-2.jpg
    • 使用方法
      クッション全体を水で濡らしてからトレールンAをスプレーして30分待ち、その後洗い流す。
      15分間位はなにも変化がなかったが、その後カビが薄くなってきた。 20~30分もするとカビは目立たなくなった。
      水でトレールンAを洗い流して作業は終了。 結果は写真のようにカビが除去できている。
      写真で見ると色も薄くなっているような気がする。(漂白?)

2009/8/9(日) 雨

8-9-1.jpg
  • ノブボルト修理
    バンドソーMC-88の鋸刃ガード調整用ノブボルトが壊れた。 今日は日曜日なのでメーカーに問い合わせ出来ない。
    とりあえずホームセンターに行ってみたが同じ物は見当たらない。 店員さんに尋ねるとボルトキャップというものがあった。 これのM6ボルト用を買って帰る。
    8-9-2.jpg
    壊れたノブボルトは1/4W(6.3mmΦ)なのでキャップのボルト穴を少し大きくした。 6角の頭部分はM6用でぴったり。
    修理は簡単に完了した。費用は88円のみ。

2009/8/8(土) 晴れ

8-8-2.jpg
  • 釣行
    MMC会員2名で釣行、チヌが好調。
    本日の釣果は39cm~36cmのチヌが5枚。
    その他キスも好調で良型(MAX23cm)が多い。
     ⇒その他の釣果
    朝5時出航し12時過ぎに帰港したがとにかく暑かった。 夏に十分汗をかいておくと冬に風邪をひきにくい気がする。

2009/8/7(金) 晴れ

8-7-1.jpg
  • サークルカット
    厚い楓材のサークルカットに挑戦した。
    乾燥材で硬く厚さも80mmある。 これで直径120mmの円柱を切り出す。
    以前のバンドソーでは出来なかったがMC-88ではOKであった。
    カーブがきつく8mm幅の鋸刃ではバンドソーが可愛そうであったがモーターも止まる事もなくスムースに切断できた。
    特注鋸刃のお陰? 曲線切りには6mm幅の鋸刃も必要かもしれない。

2009/8/6(木) 晴れ

8-6.jpg
  • トップページ更新
    ホームページのロゴを8月用に更新した。
    使用する写真を探していたら3輪自動車の写真が出できた。
    10年近く前に韓国を旅行した時ソウルでみかけた車だ。
    同じ道路を走っている他の車との対比がおもしろいので写した。
    クラシックカーなのか? 特注車か?
    狭い場所では使い易そうな車だった。

2009/8/5(水) 晴れ

  • 時計完成
    8-5.jpg
    お盆型の時計が完成した。
    • 直径  180mm
    • 厚さ  45mm
    • 重さ  約500g
    • 材料  欅材
    • 仕上げ 拭き漆5回塗り後艶出し
    • 時計  SEIKOプレシジョン社製クオーツ
    • 設置  置台・掛け金具あり

2009/8/4(火) 晴れ

8-4-1.jpg
  • チヌ好調  ⇒最近の釣果
    先週土・日のMMC会員の釣果は素晴らしい。
    チヌが両日とも6~7枚、型も46cmが釣れている。 これ以外にも、2人とも50cm以上と思われるチヌとのやり取りで竿を折っている。
    船からの落し込みなのでガイドが無い延べ竿を使用しているのでやむをえない。
    8-4-2.jpg
    私も大物を狙うため昔使用していた落し込み専用の竿とリールを倉庫から出してきた。
    長さは5.3m2号竿、非常に小さなガイドが付いているのでリールが取り付けらる。
    大型のチヌとのやり取りが有利になる。

2009/8/3(月) 晴れ

8-3.jpg
  • 時計
    時計の漆塗りが完了した。
    もう少し乾燥したら磨き(呂色仕上げ)を行い時計メカと針を組み込めば完成となる。
    残りの材料で置き台も作ってみた。
    置時計、掛け時計どちらにも使用可能。

2009/8/2(日) 晴れ

8-2-1.jpg
  • 釣竿修理
    • 竿先折損
      中通し竿の先が折れた。 15年以上使っているので捨てようかなと思ったがもったいないので修理する。
      8-2-2.jpg
    • 古い金具取り外し
      金具をライターで熱すると接着剤が軟化して取り外しが出来る。
      しかし、一緒に金具先ガイドも外れてしまった。
      8-2-3.jpg
    • 金具接着
      折れた分だけ竿先が少し太くなっているのでヤスリで少し削る。 後はエポキシ接着剤で竿先に金具とガイドを取り付けて完成。 もう少し使用します。

2009/8/1(土) 雨後くもり

8-1.jpg
  • チーク材
    不明であったペン軸の材料はチークであることが分かった。
    心材は濃い黄金色で暗色の縞がある。磨いた後はロウ状の感触もある。
    特徴は年月が経つとロウ状の成分が染み出て深みのあるチーク色となり高級感が出てくる。
    ペン軸材料としても優れていると思うが自然保護のため伐採禁止となっている所が多く輸入が厳しくなっているようだ。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional