趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku10-12

FrontPage

今日の出来事

2010/12/31(金)

画像の説明

  • 樫木炭の火熾し
    炭への着火方法としてガステーブルを使用する方法が一般的に説明されていますが、我が家はオール電化なのでガステーブルがありません。 数年前にバーベキュー用に購入した「炭火起し器」を思い出しました。 写真のような物で受け皿もあり、火鉢の炭火熾しにピッタリです。 新聞紙1/2枚と着火剤も1/2個で試した所上手に樫木炭に着火出来ました。
  • 炭火起し器 CAPTAIN STAG (パール金属㈱) CHACOAL FIRE MAKER
  • 着火剤 ㈱三和金属 MSC-3

2010/12/30(木) 曇り後晴れ

画像の説明

  • 火鉢の材料が揃いました
    通販で注文していた火鉢に必要な材料が宅配便で届きました。 灰(8リットル)、五徳、火箸と灰ならし、火消しつぼです。 早速根来塗りの火鉢にセットして炭を熾しました。 炭は昨日近くのホームセンターで購入した樫の切り炭です。 なかなかいい感じです。

2010/12/29(水) 晴れ

画像の説明

「火鉢の使い方」=火鉢屋さんのホームページより

  • 火鉢の使い方
    「火鉢屋」さんのホームページに火鉢の使い方について上図のような解説が載っていました。 火鉢や囲炉裏、鉄瓶等に関することが他にも色々と解りやすく説明されています。 初心者は大変参考になります。 火鉢や囲炉裏に関する物品の販売もされていますので興味のある方はホームページを訪問してみて下さい。  

2010/12/28(火) 雨

画像の説明

  • 火鉢
    根来塗り(漆塗り)の火鉢です。 非常に綺麗で程度の良いものが入手できました。 火鉢に炭火で鉄瓶を掛けて湯を沸かしお茶でも飲んでみたいと思い購入しました。 まだ鉄瓶も火鉢の灰や五徳、火箸、灰かきなども必要ですがホームセンターでは売っていません。 掘り出し物を探して揃えていくのも楽しみです。 

2010/12/27(月) 雪後曇り

画像の説明

  • IHコンロガラストップの清掃
    IHコンロのトップはガラスで掃除が簡単なようですがこびり付いた「焼けこげ」はなかなか取れません。 メーカー推薦の消しゴム状の「焼けこげ取り」も写真左の状態となっては役に立ちません。 今日は強硬手段をとる事にしました。 カッターの刃とノミを使って「こげ」を削り取る事にしました。 写真中がその結果で上手くいって結構綺麗になりました。 最後はコンパウンドで磨いて仕上げました。 写真右は削り取った「こげ」です。

2010/12/26(日) 曇り

画像の説明

  • 万力のクランプ
    工房が狭いので万力をボルトで固定すると邪魔になる事がありますので写真の様なクランプで固定して取り外し可能にしています。 このクランプはビールサーバーのスタンドコック(ドラフトタワー)用のものですが75mmの万力にピッタリです。 クランプに2箇所穴をあけるだけてOKでした。 しっかり固定できて気に入っています。

2010/12/25(土) 晴れ

画像の説明

  • 八朔の収穫時期
    今年も八朔に沢山実がついています。 収穫時期で何時も迷いますのでネットで調べてみると八朔の収穫は今が丁度良いようです。 
    12月下旬から1月上旬に収穫し日の当たらない涼しい場所で完熟させ、その後乾燥しないように1個づつ新聞紙に包んで1ヶ月位保管する事により苦味が抜け美味しい八朔となるようです。 今年はこの方法を試してみます。
     

2010/12/24(金) 晴れ

画像の説明

  • MonotaRo
    今日ポストにMonotaRoのカタログ(工事用品編)が入っていました。 木工、金属加工、電気工作など多趣味の私として広範囲の工具や材料をカバーしているMonotaRoの通販は非常に助かります。 数ヶ月に1度数千円位の買い物しかしないのですが各冊600ページもあるカタログを4冊も送ってもらって申し訳ないようです。 平日15時までの注文ならば当日出荷なので急いでいる場合にも便利です。

2010/12/23(木) 晴れ

画像の説明

  • ペンメイキング
    広島県福山市からG氏が当工房を訪問されました。 テーブルなど大きな家具を趣味で作製しておられたが、最近はペンメイキングが主になっているとの事です。 写真のペン材料、人造大理石、マーブルエボナイト、エボニーをお土産にいただきました。 ペンキットはアメリカから購入されているとの事なので次の機会には私の分も一緒に購入をお願いする事にしました。 当工房ではCNCフライス盤に興味があったようですが、まだ現役なので暇が無くすぐに導入は無理のようです。
    また、G氏は登山用品のお店(アシーズブリッジ)を経営されているとのことなのでお店のホームページを紹介します。 
    興味のある方は訪問されてはいかがですか? (当工房の近所に広島店もあります。)

2010/12/21(火) 雨

画像の説明

  • フードスライサー
    こんなものも倉庫から出てきました。 デロンギのフードスライサーです。 パン、ハム、野菜などを任意の厚みでスライスすることができます。 手前のスライドテーブルにハムなどを乗せて右の回転刃の方に移動するとスライスされたものが後ろから出てきます。 ハムなどをスライスするのに便利なのですが使用後の掃除が面倒なのであまり使う機会も無く倉庫に眠っていました。

2010/12/20(月) 曇り後晴れ

画像の説明

  • 年賀状印刷
    年賀状文面のデザインと印刷を行いました。 筆まめのサンプルから探したのですが「うさぎのデザイン」の良いのがありません。 自分で最初から作る事にして、先日広島植物園のイルミネーションも撮影してきたのですがこれも年賀状にはしっくりしません。 最終的には京都の三千院の庭で撮影した手水鉢(つくばい?)の写真に手を加えて使用することにしました。 本日は300枚の文面だけが出来上がりです。 名簿を整理して宛名を印刷すれば2011年の年賀状は完成です。

2010/12/19(日) 晴れ

画像の説明

  • 餅きり器の固定
    タイガー丸餅くんという餅切り器が便利なので使っています。 これを台などに吸盤で固定するのですが吸盤内の真空を保つことが出来ずに途中で外れてしまいます。 取り付け台がガラスならはOKですが木や大理石ではNGでした。 試しに粘着テープ付きの生ゴムを大理石に貼ってみましたが最初は良かったのですが粘着テープが真空圧に負けて剥げてしまいすぐにNG、次はMDFの板にビニール製壁紙を貼ってみました。 これは結構長い時間吸着しています。 しかし、少し吸盤の部分の糊が浮き気味なので心配です。 時間が経って糊が安定すればOKなのかも知れません。

2010/12/18(土) 晴れ

画像の説明

  • 花と光のページェント
    少し前に紹介した広島市植物園のイルミネーションイベント「花と光のページェント」に行ってきました。 17時30分にイルミネーションの点灯です。 冬の夜間の植物園でしたが私の予想を上回る来園者です。 イルミネーションが一望出来る観覧席には長蛇の待ち行列が出来ていました。 それでも1時間もすると行列が少なくなったので観覧席から写真を撮りました。 撮影はRICOH CX3の夜間モードで三脚を使用して撮影したものです。 これ位の写真が撮れればコンパクトカメラとしての私の評価は合格です。

2010/12/17(金) 晴れ

画像の説明

  • ポリタンクの処分
    古い灯油用ポリタンクのキャップが経年劣化でひび割れてきました。 交換用キャップを探しましたが市販されているキャップはサイズやネジのピッチが合いません。 ポリタンクの規格が変わったのでしょうか。 仕方ないので処分することにしましたがポリタンクのままだと通常のゴミとしては引き取ってくれません。 半分に切断すればOKとのことなのでジスクグラインダーで切断しました。 非鉄切断砥石で上手く切断できます。 タンクの中に灯油が残っていると非常に危険なのでタンク内を良く水洗いしてから作業を実施しました。

2010/12/16(木) 晴れ

画像の説明

  • 筆まめ Ver21
    毎年年賀状は筆まめで作っています。 昨年まで使用していたものは筆まめVer12でずいぶん前に購入したものなので買い換える事にしました。 アップグレード版と普通版で結構価格差があります。 手持ちはずいぶん古いバージョンなので上手くアップグレードが出来るか心配でしたが安価なアップグレード版を購入しました。 心配しながらインストールしましたがインストール途中での質問は「該当の筆まめシリーズのアップグレードですか?」という項目にチェックを入れるだけで旧バージョンのシリアルNoを入れることもなくすんなりとインストールが完了しました。 もちろん旧バージョンの筆まめのインストールも不要でした。 これでは本当に旧バージョンを所有しているかのチェックにはならないように思います。 はがき印刷ソフトも競争が激しく厳密なチェックはユーザー離れを招くのでしょうか? 

2010/12/15(水) 晴れ

画像の説明

  • キーホルダー
    キーホルダーの作製依頼がありましたので3種類作製しました。 タグ式1点とベルトループ式2点です。 タグ式は大型帆船(刻印)のデザイン、ベルトループ式は5セントオールドコインで作ったコンチョがアクセントになります。 この3点から用途と好みに合ったものをセレクトしてもらいます。

2010/12/14(火) 晴れ

画像の説明

  • コースター
    友人から北山杉のコースターを茶托として使用するので中央を丸く掘り下げてほしいとの依頼を受けました。 真空チャックがあれば木工旋盤でも簡単に加工できますが持っていませんのでCNCフライス盤で加工しました。 ビットは金属加工用のエンドミルを使用して直径45mmで深さを2.5mmほど削り込みました。 材料に無理な力が加わらないように1回の掘り込み量は1mmとして3回に分けて掘り込みました。 1枚の加工時間は約10分かかりますが人手が必要なのは材料のセットとビットのスタート位置の設定だけです。 後はコンピュータ制御で見ているだけなので楽です。 同じ加工を繰り返す場合にはCNCフライス盤が威力を発揮します。

2010/12/13(月) 雨

画像の説明

  • キーホルダー
    ベルトループキーホルダーの手持ちが少なくなったので今日は久しぶりのレザークラフトです。 写真左が完成品、右は組み立て前の材料です。 型紙も完成し、作製手順も出来上がっているので作るのはそんなに大変ではありません。 このキーホルダーはホック式なので、簡単にベルトなどに取り付けることが出来ます。

2010/12/12(日) 晴れ

画像の説明

  • 広島市植物園
    冬の植物園に行ってきました。 この時期は咲いている花も少なく来園者も多くありません。 園内を散策していると椿が目に入りましたのでホームページのロゴの写真として使いました。 園内のあちらこちらでライトアップ用の設備が目に付きます。 12月はこの設備を使用したイベント「花と光のページェント」を開催中です。

2010/12/11(土) 曇り時々雨

画像の説明

  • 会津桐のトレイ
    会津桐の傾斜縁トレイです。 桐は柔らかいのでサーキュラソーでカットする場合に切り口が欠けることがあるので対策が必要です。
    傾斜縁のトレイでは上手に底を作るにはコツが必要です。 大きめの底を貼り付けて縁に沿ってかんなカンナをかければ良いでしょうが、私の場合は縁から1mm内側をサーキュラーソーで底板だけをカットして外側の不要な底板を除去します。 これで結構簡単に綺麗な底になります。
  • ホームページのデザイン変更
    昨日からホームページのデザインを変更しています。 コンテンツ内容はそのままでも新しいデザイン上で綺麗に表示できたので助かりました。
     

2010/12/10(金) 晴れ

画像の説明

  • スライダック
    オークションで落札したスライダックが手元に届きました。 スライダックの状態は写真で想像していたよりかなり良い状態です。 塗装色はオークションの写真では生成り色に見えていたのですが、現物はライトグレーでした。
    再塗装の必要はありません。 傷や錆もほとんど無く良い買い物だったと思います。 早速接続コードを作成しました。 圧着端子を使って接触不良を防ぎ耐久性にも考慮しました。

2010/12/9(木) 晴れ

画像の説明

  • 料理教室
    今日は一足早くおせち料理の実習でした。
    写真のように一枚の皿に六点のおせち料理が盛り付けられています。
    さらに吸い物が付いた豪華盤でした。
    携帯電話で撮った写真なので解像度が悪く不明瞭ですが色合いは大変綺麗です。
    おいしいおせち料理となりました。
  • ワンプレートdeおせち
    ・黒豆のおすし
    ・伊達巻
    ・ミックスナッツとジャコの田作り風
    ・八幡巻き
    ・菊花かぶ
    ・かずのこ
    ・かきの吸い物

2010/12/8(水) 晴れ後曇り

画像の説明

  • 傾斜縁のトレイ
    傾斜縁の留め加工時の材料カット角度は複雑なので12月5日に実験で決めていました。 この角度を使って実際のトレイを作りました。 サーキュラーソーや角度切りガイドの精度はあまり良くないので組み立て時に若干の調整が必要でしたがまずまずの出来です。 写真がファルカタ材で作った試作の傾斜縁トレイです。 本格的な作品の場合はもう少し精度を上げます。
  • メモ(サーキュラーソーの設定)
    縁の立ち上がりが45度の場合
    ・水平面 60度(角度切ガイド)角度切ガイドの設定=30度
    ・垂直面 37.5度(鋸刃の傾き) → 36.5度(12月10日微調整)
    ・傾斜縁の底面は鋸刃を34度に傾けてカットすると底板が水平となる

2010/12/7(火) 曇り時々雨

画像の説明

  • スライダック
    昨夜のCODECの取替え作業は無事終了しました。 久しぶりの緊張感でした。 昨夜が遅かったので今日の工房作業は休みです。
    友人宅でテーブルソーの回転がスライダックで非常にスムースに可変できているのを見て私もスライダックを購入することにしました。
    オークションで写真のスライダックが8,500円で落札できました。 容量は1.5KVAなので持っている整流子型モーターの工具の全てに使用可能です。 程度は良いのですが色が気に入らないので入手後はブラックに塗り替えます。

2010/12/6(月) 晴れ

画像の説明

  • 会津桐の筆箱(4)
    拭き漆は毎日続けています。 写真は3回目の拭き漆が乾燥したところです。 少し艶が出てきました。 心配した乾燥に伴う筆箱の歪もありません。 印籠蓋のつなぎ目に少し漆が入っていますがサンドペーパーをかければ綺麗になるでしょう。
    今日は夜間も仕事です。 サポートを引き受けている放送局のスタジオと送信所間の連絡線用機器(CODEC)の取替え作業を放送終了後に実施します。

2010/12/5(日) 晴れ

画像の説明

  • 傾斜縁の留め
    四つ角が45度に傾いた縁の付いたトレイを作製したいと思います。 四つ角を留め加工にしたいと思いますので、どのようにカットすれば良いかを考えています。 計算でカット角度を出そうと考えましたが複雑で良く分かりません。 水平面はグラフ用紙に作図して60度でカットすれば四つ角は45度立上がりの縁の水平面接合角度が90度となることが分かりました。 垂直面のカットは37.5度で留め部分に隙間がなく上手くつながるようです。 計算方法は後で検証します。 サーキュラソーの設定は写真右のようになります。 この結果を参考に傾斜縁のトレイを作ります。
  • メモ(サーキュラーソーの設定)
    縁の立ち上がりが45度の場合
    ・水平面 60度(角度切ガイド)角度切ガイドの設定=30度
    ・垂直面 37.5度(鋸刃の傾き) → 36.5度(12月10日微調整)
    ・傾斜縁の底面は鋸刃を34度に傾けてカットすると底板が水平となる

2010/12/4(土) 晴れ

画像の説明

  • 桐筆箱(3)
    拭き漆を1回実施した会津桐の筆箱(写真下)です。 写真上は輸入桐の筆箱でバーナーで焼いた後、との粉を木目に塗り込んでいます。 どちらも桐細工の標準的な仕上げでしょう。 輸入桐の場合は木肌の緻密性に欠けるため拭き漆には向かない気がします。 会津桐の筆箱は漆との相性が良いようです。 数回拭き漆を繰り返します。

2010/12/3(金) 雨後晴れ時々曇り

画像の説明

  • システムバックアップ
    DELLの中古ノートパソコンにはリカバリCDが付いていませんでした。 調べてみるとWindows XP Professionalにはバックアップツールがあります。 パソコンをOSや設定を含めデータを丸ごとバックアップすることも可能です。 苦労したSP3への更新が出来た状態でバックアップができるので助かります。 外付けのUSB HDにバックアップを書き込みました。 時間は50分位です。 最後に3.5インチFDに復元に必要な情報を書き込んで終わりです。 思ったより簡単にバックアップが取れて便利です。

2010/12/2 (木) 晴れ後雨

12-2-2.jpg
  • 会津桐の筆箱(2)
    会津桐の筆箱が完成しました。 輸入桐と比べると木目が詰まっている(緻密な)感じです。 サンドペーパーで磨くと会津桐の特徴である銀白色の木肌になります。 光沢もありこのままでもOKなのですが拭き漆で仕上げてみたいと思います。

 

2010/12/1(水) 晴れ

12-1.jpg
  • 会津桐の筆箱
    先日購入した会津桐で早速筆箱を作ってみます。 輸入桐で作ったものもあるので出来上がったら比較してみます。 ケース横は45度の留め加工とするよう材料を切断しました。 木肌が良いので仕上げは拭き漆を試してみます。 桐材の拭き漆は初めてですが仕上がり具合が楽しみです。

 

  

 

それでは ごゆっくりと御覧下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional