趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku10-3

kiroku10-3

今日の出来事

2010/3/31(水) 曇り時々雨

3-31.jpg
  • CNCフライス動作テスト
    70mm×200mmで深さ8mmのトレイをテスト切削しました。 F200(200mm/min)の切削スピードで1回での切り込み深さは4mmとしました。 見た目は快調に動いていたのでが1回目の切り込み位置と2回目の切り込み位置がx軸方向で2mm段差が出来ました。 原因はX軸のステッピングモーターの脱調のようです。 4.2Aの電源では3個のステッピングモーターのドライブは無理のようです。 Z軸を外してXYテーブルのみテストすると400Fでも快調に動きます。 24V電源の強化が必要なようです。

2010/3/30(火) 晴れ

3-30.jpg
  • エンドミル
    自作木工CNCフライス盤ではルータビットの代わりにエンドミルを使用することにしました。 種類も多いし値段もルータービットより安く入手出来ます。 写真は刃径1Φロングネックエンドミルと1.5Φボールエンドミルです。 実際に入手してみると非常に細く切削速度と深さを間違うとすぐに折れてしまいそうです。 トレーなどに絵柄を掘り込むために使うつもりです。

2010/3/29(月) 晴れ

3-29.jpg
  • エボナイト軸万年筆
    万年筆愛好家のサイトで漆塗りエボナイト軸万年筆の話題がありました。 エボナイトは艶出しにコツがいりますが手順を踏んできっちり磨くとすばらしい艶がでます。 しかし、エボナイトは経年劣化がありますので漆塗装をする場合もあります。 今回漆塗りエボナイト軸のエンペラー万年筆に挑戦してみます。

2010/3/28(日) 晴れ

3-28.jpg
  • 2軸テーブルハンドル改良
    CNCフライスのXYテーブルに付属のハンドルは少しガタがあり、ステッピングモーターの振動で騒音が発生します。 このハンドルを軸に固定するために横からタップを立ててホーローネジで固定する事にしました。 タップ立ても何回もやっているので最近は苦になりません。

2010/3/27(土) 晴れ

3-27.jpg
  • コントローラの高速化
    ステッピングモーターの電源部を24Vに変更しました。
    写真の通りケース内にうまく収まっています。 
    CNCフライス盤の各軸移動速度を高速化してテストした結果です。
    XY軸 200F(脱調なし) ← 80F(12V電源時の実力)
    Z軸 100F(脱調なし) ← 30F(12V電源時の実力)

2010/3/26(金) 曇り

3-26.jpg
  • ステッピングモーター電源の入れ替え
    コントロール基盤MC433のモーター用電源を12Vから24Vに変更します。 写真上が12V、下がTDKの24V4.2Aで今度使用するものです。 しっかりした造りで期待が持てます。 心配した厚みも35mmで薄型ケースにピッタリと収まります。 ステッピングモーターの高速でのトルクアップの結果はまた報告します。

2010/3/25(木) 雨後曇り

cnc.jpg
  • CNCフライス盤の頁作成中
    長い間取り組んでいたCNCフライス盤の作製がやっと完成しました。 ゼロからのスタートで解らないことが沢山ありましたがネットで調べる事で解決してきました。 貴重な情報をネットに公開されている方々に感謝しお礼を申し上げます。 私もこれからCNCに取り組まれる方々の参考になればと思い製作過程を取りまとめてホームページで公開する事にしました。

2010/3/24(水) 雨

3-24.jpg
  • 胆嚢結石
    雨の中、人間ドックに行ってきました。 数年前から腹部エコー検査で胆嚢結石が見つかっていました。 胆嚢結石の症状は吐き気、むかつき、痛み等があるらしいのですが今のところ何もありません 今回の判定も経過観察でした。 もし症状が出た場合はこの写真を持って病院に行きなさいとの事です。 
    他には指摘事項はありませんでしたので一安心です。

2010/3/23(火) 雨

3-23.jpg
  • cncコントロール基盤
    CNCフライス盤を調整しています。 基本的には動作していますが高速でステッピンピモーターのトルクが不足ぎみです。 CNCコントロール基盤のモーター駆動電源は現在12VでPWM定電流方式です。 この電圧を24Vに変更すれば駆動電流の立ち上がりが早くなり高速でのトルクが改善されるはずなのでやってみます。
    写真右下の12Vスイッチング電源を24Vに交換します。
  • 現在の各軸の速度と状態
    X軸・Y軸 80mm/min(確実動作) 140mm/min(時々脱調)
    Z軸    30mm/min(確実動作) 40mm/min(時々脱調)
     

2010/3/22(月) 晴れ

3-22.jpg
  • フライス盤ポケット加工
    CNCフライス盤の調整をしました。 結果はZ軸の設定が間違っていました。 1回転あたりの進む距離を2.54mmとしてしましたが、1/2インチの14TPIネジだったので1.814mmが正解でした。 XY軸の設定は間違っていませんでした。 CNCフライス盤にはポケット加工という作業があります。 丸や四角等で囲まれた部分を自動で削る機能です。 この機能で写真のクリップトレイを作製しました。 6mmエンドミルを使用し、1回あたりの切り込み深さは5mm、速度は80mm/minでの作業が可能でした。 材料には結構力が加わりますのでしっかりと固定する必要があります。

2010/3/21(日) 晴れ

3-21.jpg
  • CNC木工フライス盤完成
    CNC木工フライス盤が完成しました。 写真は試験切削の名札です。 3mmエンドミルで文字の外側を深さ5mmに切り込んでいます。 木材なので1回に5mmの切り込みがOKでした。 完了までの所要時間11分です。 XYZ軸とも脱調なく動作は良好のようです。 もう少し微調整をして精度を確認していきます。 木工旋盤では出来なかったことがCNCフライス盤の完成で出来るようになりました。 楽しみが広がります。

2010/3/20(土) 晴れ後曇り

3-20.jpg
  • リモコンコンセント
    集塵機用のリモコンコンセントが完成しました。 リモコンを持っていればその場で集塵機がON/OFF出来るので非常に便利です。 写真左の露出コンセントはBOX内に入っている大電流リレー経由でAC100Vを供給しています。 写真右のOHM製のリモコンコンセントに挿入されているのはDC12Vスイッチング電源で、リモコンのON/OFFでDC12Vを制御しています さらに、このDC12Vは露出コンセント内のリレーを制御して大電流に耐えるリモコンコンセントとしています。 安く入手できた部品を組み合わせて作りましたので少し複雑になりました。

2010/3/19(金) 晴れ

3-19.jpg
  • Z軸モーター取り付け
    木工フライスの刃物上下機構(Z軸のモーター取り付け)が出来上がりました。 ルーターとその取り付け金具の重量がかなりあり、ステッピングモーターで駆動出来るか心配でしたが調整の結果、脱調もなくルーターの上下できました。 F値(スピード(mm/min))は40としました。 移動距離がすくないのでスピードはこれでもOKです。 シンクロプーリーの歯数の比は1:2として少しでもトルクを稼ぐことにしました。 近日中に全体を組み立てて、CNCフライス盤の作品をUPします。

2010/3/18(木) 曇り時々雨

3-18.jpg
  • 料理教室
    本日は会長が休みで11人の参加です。 生徒のリクエストでシュウマイが加わった全体的に中華風のレシピです。 タイトルは中華料理を楽しんででした。
  • レシピ
    • 中華風炊き込みごはん
    • ふんわりだんごと野菜のスープ
    • ほたてシュウマイ
    • いちごの杏仁豆腐

2010/3/17(水) 晴れ

3-17.jpg
  • シンクロプーリーの加工
    今日はCNCフライス盤のZ軸モーター側のシンクロプリーの加工です。 ①プーリー軸穴を6mmから6.5mmに拡大すること。 ②モーター軸に固定するためのホーロービス用タップを切ること。 この2点の加工を行いました。 業務用ボール盤は精度が良いのでビットのブレも無く正確な加工が出来ました。 最近は木工より金属加工の作業が多いですがこれもフライス盤の完成までです。

2010/3/16(火) 晴れ

3-16.jpg
  • リモコンコンセント
    工房の集塵機の電源ON/OFFが面倒くさいので赤外線リモコンで操作することにしました。 ホームセンターでオーム電機OCR-05という商品を購入しましたが電源容量が800Wなので1200Wの集塵機には少し不足します。 少しなら無理が出来ないかと中を分解して見ましたが小さなリレーなので800Wでもギリギリのようです。 やむを得ずリモコンコンセントで外部リレーを制御して集塵機は外部リレーでON/OFFする事にしました。 写真右が使用予定のリレーで20A(MAX60A)用ですが駆動電圧は12V仕様なので少し細工が必要です。

2010/3/15(月) 雨

3-15-1.jpg
3-15-2.jpg
  • 万年筆エンペラー
    紅木紫檀の木軸の漆塗りが終わったので万年筆エンペラーを組み立てました。 渋い赤茶色でなかなかいい感じです。 紫檀材は仕上げが難しく今までに目止剤やサンドシーラーなど工夫して導管が目立たないように試みましたが、なかなか良い方法が見つかりませんでした。 今回は初心に返り、との粉で目止めした後サンドペーパーの水研ぎと漆の重ね塗りを繰り返して、最後の仕上げは植物油と角粉による艶出しでやっと満足な仕上げとなりました。 漆は合計11回塗っています。

2010/3/14(日) 晴れ

3-14-1.jpg
3-14-2.jpg
  • 万年筆レトロドーム
    万年筆のレトロドーム(欅拭き漆)が完成しました。 エンペラーほど豪華ではありませんが、金属部分はプラチナメッキなので実用的でしかも高級感のただよう万年筆です。 ペン先はイリジュウムポイントの中字用となっています。 新品のペン先はインクの出具合やすべり具合の調整が必要ですが、この調整には#2000~#8000位のラッピング・フィルムを使用します。

2010/3/13(土) 晴れ

3-13.jpg
  • 作業台リホーム完了
    フライス盤の作業台が完成しました。 足部は補強の後、全体にサンドペーパーをかけて水性ウレタンニス(クリア)の2度塗りでつやつやになりました。 天板は新しくパイン集成材18mm厚に取り替えてワトコオイル(ナチュラル)でオイル仕上げにしました。 古い昭和時代の作業台がきれいな作業台によみがえりました。 強度も十分です。

2010/3/12(金) 晴れ

3-12.jpg
  • ステッピングモータ保持金具
    ステッピングモーターを保持する専用の金物は2千数百円で販売されています。 かなり高いので色々と探していると写真右の金物が710円で入手できました。 真中を金切鋸で切断してベルトサンダーで仕上げました。 4角のビス穴と真中の45mmの穴は最初から開いていて今回使用するステッピングモーターにピッタリです。 アルミに45mmφの穴を開けるのは大変なのでどうして開けるか悩んでいた所なので助かりました。 少し時間をかけて探すと大抵のものは安く入手できます。

2010/3/11(木) 晴れ

3-11.jpg
3-11-2.jpg
  • 万年筆エンペラー
    エンペラーの2本目が完成しました。 これは友人から依頼されたものです。 1本目で気がつかなかったことを改善して今回は満足な出来上がりとなりました。 漆は最終的には9回塗っています。 軸の切り口に漆がこびりつくので組み立てた時金具に密着しない部分ができるので組み立て前に再度バレルトリマーで軸の切り口を整えました。 太さを0.25mm細くしたので金具とのつながりもピッタリとなりました。

2010/3/10(水) 雨後曇り

3-10.jpg
  • フライス盤Z軸
    フライス盤Z軸をモーターで駆動するために、ルーター上下用アルミつまみにシンクロプーリーを取り付けます。 シンクロプーリーの真中の20mmの穴あけは鉄工所に依頼しましたが、サイドの3.3mmのビス穴とアルミつまみの3mmタップは自分でボール盤により加工しました。 思ったより簡単でした。
    アルミつまみの上にプーリーを置き3mmビス2本で固定します。

2010/3/9(火) 雨

3-9.jpg
  • 万年筆エンペラー
    2本目のエンペラーの軸は完成していたのですがもう少し細い方が良さそうなので再度0.25mm削りました。 その後、拭き漆を8回実施しています。 写真がその状況ですがもう1回拭き漆と磨きを重ねて組み立て完成とします。

2010/3/8(月) 晴れ

3-8-1.jpg
3-8-2.jpg
  • 作業台補強
    先日入手した作業台を補強しました。 天板を外すと写真右の状態でした。 天板に50kg弱のフライス盤が乗るので横桟を3本に増やしました。 これは横方向の揺れ対策にもなり、しっかりした作業台となります。 天板は傷が多いのでバイン集成材に取替えです。

2010/3/7(日) 曇り

3-7.jpg
  • 万年筆レトロドーム
    孔雀杢欅の材料がもう少しあるのでまた万年筆を作ります。 今回はレトロドームです。 先日のエンペラーと比べるとかなり細くて小さい感じがしますがこれが普通の万年筆サイズです。 妻からお姉さんへのプレゼント用に依頼されたものです。 まだ漆は2回しか塗っていないので写真のとおり艶はありません。 この作品も漆は7回以上塗って蝋色仕上げとする予定です。

2010/3/6(土) 曇り

3-6.jpg
  • 作業台
    CNCフライス盤を工房に設置するための作業台を探しています。 余り大きなものは工房が狭いので無理だし50kgの重量にも耐えなければ使えません。 中古のプリンタ台が良いのですが送料を含めると結構高価となり購入できません。 オークションで見つけた写真のものが40×60×56cmで丁度良い大きさです。 木製ですが少し補強すれば使えそうなので購入しました。 送料込みで3410円でした。

2010/3/5(金) 晴れ

3-5.jpg
  • フライス盤の全体像
    CNCフライス盤は組み立てると写真のようになります。 これ以外にも先日完成した制御部とノートパソコンも必要です。 2軸テーブルが23kgとルーター部が20kgで43kgの重い装置となりました。 電動工具は重いほど安定性があり良いとされているので少し重いが良とします。 テーブルの移動範囲は155×280mmですがこの範囲をフルに切削出来ますので十分実用性のあるフライス盤となりました。 只今設計中のZ軸の完成が待たれます。

2010/3/4(木) 雨

3-4-2.jpg
  • シンクロプーリー
    木工フライスは写真のアルミつまみを回転することにより中心のボルトが上下して刃物位置(Z軸)調整が出来ます。 ボールナットなどはネジを回転しますがこれはナット側を回転する構造です。 シンクロプーリーをアルミつまみに取り付けてゴムベルトを介してステッピングモーターで駆動することにしました。 シンクロプーリーを取り付けるためにはプーリーの軸穴を20mmに拡大する必要がありますがこれは鉄工所に依頼しました。 代金は2500円プラス送料ですが20mmのドリル刃は5000円以上しますし、手持ちのボール盤には取り付けられませんので非常に助かります。

2010/3/3(水) 晴れ後曇り

3-3-1.jpg
3-3-2.jpg
  • 木工フライス
    落札した木工フライスが到着しました。 長い間使用されていなかったようで錆やグリス切れでスムースに動きません。 ルーターのビットも添付されていましたが錆びていました。 
    ビットは錆び取り液で出来る限り錆びを除去して油を塗っておきました。 刃先はあまり痛んでないので十分使用できそうです。 本体もサンドペーパーで錆びを落としグリスを注入すると動きもスムースとなりました。 構造がしっかりしていて精度も良好です。 
    正確な使用方法は分かりませんが、アルミの丸いダイヤルを廻して刃物を下げて切削深さを決め、ルーターを手で前後にスライドして溝彫りなどの切削をする構造のようです。
    これからCNCフライス盤へ改造します。

2010/3/2(火) 晴れ

3-2.jpg
  • 紫檀ペン軸
    紅木紫檀ペン軸の拭き漆が完了しました。 最終的には漆は7回塗っています。 最後の3回は蝋色仕上げの方法で艶出しを行いました。 仕上がりは色艶とも満足な出来となりました。 色々試しましたが紅木紫檀のペン軸の仕上げはこの方法が最良のようです。

2010/3/1(月) 雨

3-1.jpg
  • フライス盤
    CNCフライス盤の製作計画は、XYテーブルにステッピングモーターを取り付けてコンピュータによる工作物の前後・左右の移動制御が出来るところまで進んでいます。 これをボール盤に取り付けてフライス盤とする予定でしたが、スピンドル(刃物)を上下する構造(Z軸)が難しく、このボール盤に代わるものを探してしましたが先日オークションで写真の木工フライス(ルーター)を見つけました。 この装置のZ軸にステッピングモーターを取り付けXYテーブルと組み合わせて木工CNCフライスとしたいと思います。

2010/2/28(日) 晴れ

2-28-1.jpg
2-28-2.jpg
  • 万年筆(エンペラー)完成
    欅の木軸万年筆(エンペラー)の組み立てを終わりました。 想像していたよりも太くて豪華な万年筆です。 木軸の模様、色、艶も満足の出来です。 やはり欅には拭き漆が一番似合うようです。

2010/2/27(土) 晴れ

2-27.jpg
  • 猫避け
    工房の床下に良く猫が来ます。 来るだけならいいのですが雨の日には床下に糞をして非常に臭うので猫避け対策を行いました。 まずは一番簡単な猫の嫌いな臭い物質を置くことにしました。 木搾液も良いのですが効果が長続きしません。 今回はホームセンターで購入したProBuster60という製品を使ってみました。 トレイに入れて床下に約1m間隔で置きました。 木搾液に似た強い臭いですが猫の糞よりは我慢できます。 使用開始から3日経過しましたが今のところ猫の害はありません。 効果は約60日間続くとのことですが結果はどうでしょうか?

2010/2/26(金) 雨

2-26.jpg
  • 漆の乾燥
    漆の乾燥には湿気と温度が必要です。 水で湿らしたタオルをダンボール箱の底に敷いて作品を少し浮かせて置きます。 ダンボールは蓋をして20℃前後の部屋に1昼夜置くと次の作業にかかれる程に乾燥します。
    写真上は紅木紫檀に漆5回塗り、中は欅に漆2回、下は欅に漆5回の後磨き粉で磨き、さらに1回漆を塗った状態です。 漆塗りの回数を増すごとに少しずつ色艶が増してきます。 

2010/2/25(木) 曇り

2-25.jpg
  • 万年筆軸の作り替え
    昨日失敗の木軸は予備パイプで作り替えました。 失敗の原因は木軸の穴が小さくて真鍮パイプが入りずらかったようで今日は穴あけ後に再度ドリルで穴をサラって真鍮パイプがスムースに入ることを確認してから接着して成功です。 その後、旋盤で丸く削りサンドペーパーで研磨して、目止め・第1回の漆塗りまで作業が進みました。 入念な研磨と目止めは最後の仕上がりに影響が大きいので手抜きは出来ません。
    写真は目止めの様子です。 水に溶いた砥の粉を塗り半乾きの状態で余分な砥の粉は拭き取ります。 導管には砥の粉が残り塗料の吸い込み過ぎを防ぎます。

2010/2/24(水) 晴れ

2-24-1.jpg
2-24-2.jpg
  • 真鍮バイプ装着の失敗
    今回の万年筆作りから接着剤を変更しました。 以前はセメダインスーパーXという多用途の接着剤を使用していましたが硬化時間が1昼夜位必要なのですぐに次の作業にかかれませんでした。 今回はペンメイキングで一般に使用されている瞬間接着剤OKボンドを使用したのですが、木軸に真鍮パイプを挿入する途中で硬化が始まり写真の状態でパイプが動かなくなりました。 この前に4本、この後に1本を同じ手順で接着した時には硬化までに少し余裕があったので失敗の原因は分かりません。 OKボンドを少し念入りに塗ったような気がするので今後はOKボンドの量を若干少なくしてみます。
    写真右はペン保管BOXでファルカタ材で作っています。 中に仕切りをつけ、外側は塗装します。

2010/2/23(火) 晴れ

2-23-2.jpg
  • 万年筆(エンペラー)
    写真は作成中の万年筆(エンペラー)のキャップ部分の金具です。 ロジュームにゴールドの飾りが入っています。 この部品は削り出し加工のようで高級感がありキットの価格が高いのも納得です。 これに負けない木軸を作りたいと思います。 欅の軸には漆を2回塗り終えていますので、今日は#1000のサンドペーパーで水研ぎをして3回目の漆を塗りました。 最低5回は拭き漆を実施します。

2010/2/22(月) 晴れ

2-22-2.jpg
  • もう少しで春です
    裏の畑に梅の花が咲いていました。 白い花が綺麗なのでホームページのロゴに使いました。 トップページも少し春の雰囲気になったようです。 これからは工房も暖かくなるので作品作りに力を入れていきます。

2010/2/21(日) 晴れ

2-21.jpg
  • 無線LAN不具合解決
    無線LANがノートパソコンのCPUを占有して動作が遅くなる現象が多発していました。 2月17日の対策以来不具合は発生しておりませんので原因はどうやら無線LANのチャンネル競合だったようです。 無線LANで同様な現象が発生している方はチャンネルをデフォルトから10チャンネル以上変更(移動)してみる事をお勧めします。
  • 写真はノートパソコンを立ち上げた直後のパフォーマンスです。
    この状態でもCPUの稼動率は10~20%で無線LANによる占有は解消されています。

それでは ごゆっくりと御覧下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional