趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku10-4

今日の出来事

2010/4/30(金) 晴れ

4-30.jpg
  • 旋盤チャック修理
    中古の木工ろくろに付属していたチャックの調子が良くありませんでした。 本体と爪の間にガタがあり取り付けた材料が直角を保たないので回転させると材料がブレます。 分解してみると中心にボルトがあるのですがナットも無く目的が不明です。 試しに手持のナットで締め付けてみると爪のガタが無くなりしっかり材料を掴む事が出来るようになりました。 しかし、ナットの締め付けを強くすると爪の調整が硬くなりまずいようです。 ゆるみ止めナットがありましたのでこのナット丁度良い所まで締めておく事にしました。 爪のガタも無くなり調整もスムースになりました。

2010/4/29(木) 晴れ

4-29-2.jpg
  • 器作り(2)
    器を作る場合は最初に裏面にチャックの掴み部分を作ります。 真空チャックを持っていないので、この状態でサンドペーパー研磨まで実施しておく必要があります。 久しぶりの作業で表面の掘り込み作業中に作品がチャックから外れ床に飛んで行きました。 掴み部分の掘り込み深さが足りなかったようです。 幸い怪我は無かったのですが作品にキズがついてしまいました。 最初からやり直しです。 掴み部分の深さは硬い木でも5mmは必要のようです。

2010/4/28(水) 雨後曇り

4-28.jpg
  • 器作り
    久しぶりに旋盤作業を行いました。 欅の古材で盛り器を作ります。 厚さ35mm、直径280mmに以前切り出していた欅板を使います。 良く乾燥している材なので作品の歪みは少ないのですが硬くて切削が大変です。 バイトの刃を頻繁に研ぎながら作ります。
     直径30cm以下なので写真のようにRIKONのwoodfast旋盤で作りますが完成は明日の予定です。

2010/4/26(月) 晴れ後曇り

4-27.jpg
  • メール不達
    パソコンから知人のdocomo携帯へメールするとメールサーバーからエラーが返ってきます。 もちろん携帯へはメールが届いていません。 昔からこのエラーは出ていたのですが気にしていませんでした。 今日は原因を追究してみる事にしました。 自分の携帯へパソコンからメールを送っても同じ状態で届きません。 パソコン側の設定が必要かと思いプロバイダに問い合わせましたが関係ないとの返事でした。 携帯端末ではメール選択受信の設定があり、こちらは選択受信しないとしているので全部受信するはずです。 友人に相談すると迷惑メール対策でパソコンからの受信を許可するかどうかの設定があるとの事でコールセンターへ問い合わせる事をすすめられました。 ドコモコールセンターは非常に親切で固定電話に電話してくれ、携帯端末を操作しながら設定の誘導をしてくれました。 短時間に設定は完了しパソコンからのメール受信が可能となりました。
  • 設定方法(docomo L03Aの場合で機種により異なります)
    iメニュー①押下お客様サポート各種設定 に迷惑メール対策があります。

2010/4/25(日) 晴れ

4-25.jpg
  • 広島市植物園
    久しぶりの快晴で植物園に出かけました。 我が家から徒歩15分位の位置で年間パスポートも購入しているのですが天候不順で今年は初めてです。 園内は八重桜が満開で、イベントも開催され屋台の出店もありました。 今度の連休は天気が良ければ植物園でリフレッシュされては如何ですか? 下記のホームページに連休中のイベント情報も掲載されています。

2010/4/23(金) 曇り

4-23.jpg
  • ニコンのアフターサービス
    フイルムスキャナーの点検整備をニコンに依頼することにしました。 連休までに必要なのと費用を節約したいので修理サポートデスクに電話して症状を切り分け出来る限り詳しい報告書を添付して修理依頼をしました。 依頼書には連絡電話番号を記載するようになっているのですが、本日電話でなく郵送で別紙の見積もり書が届きました。 サポートデスクで聞いたオーバーホールの金額なので電話で詳細を聞きますと調べてみないと分からないので最高金額を表示しているのでこれ以下の事もあるとの返事です。 聞かなかったら多分この金額の請求でしょう。 さらに了解を受けてから作業に取り掛かるので納品は連休後になるとの返事です。 修理サポートデスクに相談した事は全く修理担当者には伝わってないようです。 ニコンのサポート体制にがっかりしました。  

2010/4/22(木) 雨

4-22.jpg
  • ビールサーバの仕組み
    アサヒビールの樽生ビールの取扱いマニュアルに瞬間冷却方式のビールサーバーの仕組みが分かりやすく説明されています。 樽の中のビールは炭酸ガスの圧力で冷却コイル(氷水で冷やす)を通ってコックから出てきます。 

2010/4/21(水) 晴れ

4-21.jpg
  • ビールサーバの整備
    ビールサーバの調子が悪く(異音発生)暫く電源を切っていました。 久しぶりに思い立ち電源をONしてみると異音が少し改善されています。 コンデンサー冷却用ファンモーターのベアリングだと見当をつけています。 いずれは分解してベアリングの交換が必要ですが暫くこのままで使います。 ビール樽の口はメーカーにより異なっていますのでサーバーに接続するためには専用ヘッドを使用して耐圧ホースでサーバー本体に接続しています。 炭酸ガスもこのヘッドから樽に供給します。 写真右がキリン用、左はアサヒ用です。 サーバー本体や他の部品は共通なのでこのヘッドを交換するだけで両社の樽生ビールが楽しめます。

2010/4/19(月) 晴れ

moroka.jpg
  • 森加祥史さんの個展
    友人の森加祥史さんから油彩画展の案内状が届きました。 去年は行けなかったのですが今年はぜひ行って見たいと思います。 広島県美展の入選や広島県シルバー展の金賞・銅賞など毎年賞を取っておられ、2009年は広島県シルバー展の中国新聞社長賞に輝いておられます。 興味のある方はぜひ行ってみて下さい。
  • 森加祥史油彩画展
    日時 2010.5.6(木)~5.11(火) AM10:00~PM6:00(最終日PM5:00)
    場所 ギャラリー ヨコタ 広島市中区立町2-6

2010/4/18(日) 晴れ

4-18-2.jpg
  • デジカメNIKON D100のゴミ
    以前からデジカメ写真の一定位置にゴミが写るのは気になっていました。 被写体が変わってもゴミの位置は変わりません。 多分センサーのドット落ちなのでしょう。 高額となりそうなので修理を断念していましたがインターネットで見積もりが出来るので試してみました。 高いと見るかそれともD100にそれだけの価値があると見るかです。
  • 撮影画像にゴミが写る修理見積もり
    工料 15,500円
    部品 13,800円
    合計 29,300円 

2010/4/17(土) 晴れ

4-17-2.jpg
  • カトラリー
    スプーンやフォークなどをカトラリーと言うようです。 木のカトラリーには昔から興味があったので本屋で写真の本を見つけて買ってきました。 自分のデザインで自分の作り方を今考えています。 すべて手作業もいいのですが折角作製したCNCフライス盤が活用出来ないかも合わせて検討中です。 仕上げは手作業、塗りは漆にこだわりたいと思います。
     

2010/4/16(金) 晴れ

4-16.jpg
  • タイヤ交換
    4月も中旬になり、さすがに冬用のタイヤは交換することにしました。 保管している夏用タイヤは磨耗しているので新品に交換してもらいました。 良く見ると新しいタイヤには黄色マークと赤マークがあります。 これは何を示しているのか調べてみました。 黄色マークはタイヤの一番軽い場所を示し、赤マークは高剛性点でカーカスの巻き始めと巻き終わりが重なる場所を示しているとのことです。 これらはタイヤをホイールに装着する時の目印です。 黄色マークとホイールのバルブの位置を合わせるか、または、赤マークをホイールの白マークに合わせますがホイールの白マークは消えていることが多く、通常は黄色マークとバルブを合わせているそうです。

2010/4/15(木) 曇り時々晴れ

4-15.jpg
  • 無線技術士
    無線局には無線技術士(従事者)の選任が必要です。 私も22年前まで無線設備の保守を仕事にしており第1級無線技術士の資格を昭和58年に取得しています。 その後22年間は無線とあまり関係のないコンピュータ関係の仕事をして昨年退職しました。 最近無線技術士の資格を必要とする仕事をしないかとのお話がありました。 無線技術士は生涯資格と思っていたのですが、まだ有効なのかが心配なので調べました。 資格の種別は平成2年に変更されていますが現在も第1級陸上無線技術士として有効であることは確認できましたが仕事の内容を良くお聞きして判断します。

2010/4/14(水) 晴れ

4-14.jpg
4-14-2.jpg
  • 本日の釣果
    早朝には少し風がありましたが予報ではだんだん収まるようなので予定通りメバル釣りに出かけました。 北風を避ける事が出来る島陰のポイントで釣りました。 調子が良くて二人で130~150匹位は釣れたのですが期待していた18cmを超える良型のメバルは有りませんでした。 餌(仕掛け)はワーム、カブラ、モエビを試してみましたが今日は余り差が出ませんでした。 疑似餌は交換の必要がなく手返しの早い釣りが出来るので疑似餌で釣れる間はモエビを使わない事にします。
  • メバルのにぎり寿司
    少し大きいメバルは煮付け、小さなメバルはから揚げ、中間のメバルは3枚におろして皮をはぎ寿司ネタにしました。 メバルのにぎり寿司は始めてでしたがクセのない大変に美味しいネタです。 沢山釣れたときにはぜひ試してみてください。

2010/4/13(火) 晴れ

4-13.jpg
  • めばる釣り
    明日は船でめばる釣りを予定しています。 MMCメンバからワームで良型のめばるが釣れるとの情報がありましたので、その仕掛けを購入してきました。 胴突き仕掛けにダイワのワーム(ビームスティック)を付けて釣ります。 この時期はモエビよりカブラの方が良く釣れることがありますので期待しています。 念のためカブラ仕掛けとモエビも持っていきます。 結果はまた報告します。

2010/4/12(月) 雨

4-12.jpg
  • ペンケース
    昨日、今日と雨で木工作業の気分になれません。 久しぶりに革細工を行いました。 万年筆エンペラーは大きいので今までのペンケースは合いません。 一回り大きいものを0.8mm厚のヌメ革で作りました。 防水とつやだしにラナバーで仕上げています。

2010/4/11(日) 雨

4-11.jpg
  • CD整理
    棚にCDが沢山あります。 OSやドライバ、周辺機器付属のソフトなど現在必要でない物も沢山あります。 整理していないので必要なものも直ぐには出てきません。 場所も狭くなったので取りあえず不要なものを捨てて残ったものは種類別にファイリングします。 個人情報などは無いつもりですがデータCDには念のためナイフで傷をつけて捨てています。 

2010/4/10(土) 晴れ

4-10.jpg
  • さくら
    散歩道には桜が沢山あるのでこの時期は楽しみです。 写真の桜は個人のお宅の庭に咲いているものですが立派です。 4月なので桜をアップで撮影してホームページのロゴに使用しました。 我が家から見える広島市植物園の桜も見ごろです。

2010/4/8(木) 晴れ

4-8.jpg
  • USBCNCでのGコード作成
    CNCフライス盤を活用するためにはCAD図面をGコード化する必要があります。 オリジナルデザインのいるかをソフトUSBCNCでGコード作成を試みました。 アウトサイドからカットすめためには図面の作図にOPENな所があってはNGです。 (写真で二重丸の箇所)
    OPENの有無はソフトで調査してくれてこの部分を自動でCLOSE処理するはずなのですがうまくいきません。 他の有料ソフトのトライアル版(CUT2D)ではうまくいきます。 やはりフリーソフトは本格的に使うには無理があるようです。 

2010/4/7(水) 晴れ

4-7.jpg
  • CNC切断試験
    スプーンの型をCADで作図してUSBCNCでGコード化しました。 GコードをMACH3に読み込みCNCフライス盤でカットすると写真のように出来上がります。 テストなので4mmのベニヤ板を1mmΦのエンドミルでカットしました。 時間は約5分で終了です。
  • テーブル速度 XY軸F400 Z軸F80
    切込み深さ 1mm/回

2010/4/6(火) 晴れ

4-6.jpg
  • 放熱器
    CNCコントロール基盤に放熱器を取り付けました。 一回り大きい放熱器を金のこで切断したのですが手動なので大変でした。 仕上げはベルトサンダーです。 いつも大活躍の工具です。 放熱器の取り付けでかなり温度上昇が抑えられましたのでとりあえずこれで使用してみます。 スプーンの中ぐりをこのフライス盤で行いたいので実験しましたが刃物移動ステップ幅が刃物の半径では荒いようです。 ステップ幅を少なくする必要があります。 写真の中ぐりで2分23秒なのでかなり効率的です。 

2010/4/5(月) 晴れ

4-5.jpg
  • エボナイト軸
    角粉で磨いたエボナイト軸です。 素晴らしい光沢が出てきました。 磨きは3回目の状態ですが後2回拭き漆と艶出しを繰り返します。 写真のピント深度が浅く後ろはボケていますが黒檀軸も同時に仕上げています。

2010/4/4(日) 晴れ

4-4.jpg
  • 角粉みがき
    漆は塗ったままでも艶があります。 しかし鏡面みたいな艶ではありません。 鏡面の艶にするためには角個という非常に細かい磨粉でみがきます。 漆面に薄く植物油を塗って角粉をまぶし、手のひらや指などで磨きます。 後柔らかい布でふき取ると素晴らしい艶が出てきます。 この工程を4~5回繰り返しています。
    注)角粉磨きの前には4~5回拭きうるしを重ねておきます。

2010/4/3(土) 晴れ

4-3-2.jpg
  • スプレー塗装
    CNCは放熱板が入手出来るまで休みです。 基盤MC433でCNCの自作を進めて来ましたがこの基盤の限度も分かってきましたので他のコントロール基盤の採用も検討中です。 
    久しぶりにスプレー塗装を行いました。 スプレーガンは温風低圧エアースプレーのWAGNER W640を使用しています。 スプレーダストが少なくエアーコンプレッサーが不要なので採用しています。 難点はエアーパイプが太くて硬いのでガンの取り回しが不自由なことです。 

2010/4/2(金) 晴れ

4-2.jpg
  • 基盤が壊れました
    CNC制御ユニットの基盤MC433のドライバーFETが発熱して基盤の銅箔まではく離してしまいました。 電源を強化したのでフライス盤の動きが非常に良くなり、どの位のスピードまで可能かテストしていた時でした。 このFETはON抵抗も少なく完全なスイッチング(ON/OFF)ならば発熱は少ないはずなので2Aの電流には十分耐えるはずなので原因が良く分かりません。 幸いこの基盤は4軸対応なので壊れたZ軸を未使用のA軸ドライブ回路に変更して一応動作していますが他のFETも発熱しています。 これが正常で放熱対策をすれば解決か他に原因があるか調べる必要があります。

2010/4/1(木) 雨

4-1.jpg
  • 電源並列運用
    CNCフライス盤のステッピングモーター駆動電源の電流不足が判明しました。 定格電流を安定的に流すためには24V 7.5Aの電源が必要となります。 現在のケースに収納するためには厚みのある電源ユニットは無理なので追加で薄型の24V 3.5Aのスイッチング電源を入手しました。 現在の24V 4.2Aと並列で使用することにします。 スイッチング電源はそのまま並列接続すると危険なので手持ちのダイオードで電流の逆流防止を行います。 5Aクラスのダイオードは放熱も必要なのでアルミアングルで放熱器を作りました。 写真上側の端子に電源出力を接続し、下側端子はショートして負荷に接続します。
     

それでは ごゆっくりと御覧下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional