趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku10-8

今日の出来事

2010/8/31(火) 晴れ

8-31.jpg
  • ペンスタンド
    レザークラフト+CNCフライス加工でペンスタンドを作製しました。 桐のトレイの丸の部分に革の筒を差し込んでペンスタンドとなります。 トレイの深さは5mmありますのでちょっとした小物皿としても用できます。 桐の仕上げはオイルか木固めエースを予定しています。

2010/8/30(月) 晴れ

8-30.jpg
  • 焼き桐小箱
    桐の小箱の表面を焼きました。 バーナーでなるべく均一の焼き具合になるように表面を焼きます。 真鍮ブラシで炭を落として木目が浮き出るうずくり処理を行った後、水で溶いたとの粉を塗ります。 との粉を乾燥後に拭き取れば完成です。
    しかし、小箱の蓋にバーナーで焼いた時にヒワリが出てしまいました。 板目の1枚板なのでやむを得ませんが今後は気をつける必要があります。

2010/8/29(日) 晴れ

8-29.jpg
  • コーナークランプ
    コーナークランプを自作しました。 材料は手持ちの楓の端材とM4長ボルトとオニメナット、蝶ナットです。 小箱作りに目的を絞ったコーナークランプなので非常に使いやすく接着時の加圧も十分です。 費用は約600円、作製時間は3時間位です。

2010/8/28(土) 晴れ

8-28.jpg
  • 桐小箱
    工房内での旋盤作業は暑さが収まるまで中止しています。 小抽斗を作製した残り材で桐の小箱を作りました。 側板は45度カットの留めです。 プロクソンのスーパーサーキュラーソーでカットしましたがほんの少し隙間が出来ました。 コーナークランプで圧力を加えて接着すればこの隙間は無くなると思います。 今は持っていないので使いやすいコーナークランプを捜してみます。 

2010/8/27(金) 晴れ

8-27.jpg
  • 垂直ガイド
    プロクソンのスーパーサーキュラソーの平行ガイドは高さが12mmしか無いので抽斗鏡板の両サイドのカットで垂直を保つのが難しい。 そこで写真右のようなジグを作りました。 もう少し工夫の余地はありますが安定して材料の垂直が保てて加工精度が上がります。
     

2010/8/26(木) 晴れ

8-26.jpg
  • 桐小抽斗最終仕上げ
    小抽斗(こひきだし)に塗った桐油がほぼ乾燥したので取っ手を付けました。 取っ手は木製でホームセンタで調達しました。 仕上げのオイルフィニッシュは汚れ防止と表面の強化が期待出来て色合いもしっとりとした濡れ色でなかなか良い方法です。

2010/8/25(水) 晴れ

8-25.jpg
  • 小抽斗完成
    桐の四段小抽斗(こひきだし)が完成しました。 抽斗にA4サイズが収納できます。 桐はとの粉仕上げか焼き桐が伝統的な仕上げなのですが今回は桐油でオイル仕上げを試してみました。 桐油の乾燥後取手が付きます。
  • 四段小抽斗
    ・外形 350(W)×245(D)×340(H) mm
    ・抽斗 4段、深さ70mm
    ・材料 桐(13mm厚)、合板(4mm、3mm)
    ・仕上 桐油オイルフィニッシュ
     

2010/8/24(火) 晴れ

8-24.jpg
  • 抽斗の溝切り
    抽斗(ひきだし)の作製です。 抽斗の底板は3mmの合板を抽斗枠に切った溝に差し込んで固定します。 今回の溝切りはテーブルソーを使用しました。 方法はのこ刃と回転軸の間に振れワッシャを入れて刃が横振れしながら回転する事を利用した溝切りです。 少し乱暴な方法なので不安がありましたが結果はOKです。 むしろテーブルルーターよりスムースに溝切りができます。 写真右はこの方法で加工した抽斗の鏡板です。
  • 使用工具と振れワッシャ
    ・スーパーサーキュラーソーテーブル(プロクソン)
    ・溝切りアタッチメント(8枚付属)
     Φ80mm丸鋸刃用 溝幅 2,3,4,5mm
     Φ85mm丸鋸刃用   〃
     

2010/8/23(月) 晴れ

8-23.jpg
  • 桐の小抽斗の組み立て
    小抽斗(こひきだし)の外枠が出来上がりました。 #80のサンドペーパーで接合部の凸凹を修正したところです。 材料は13mm厚の桐集成材で裏板のみ4mm厚のシナ合板で作製しています。 四段の抽斗は少しづつ大きさが異なりますので前面に隙間が出来ないためには現物合わせで作る必要があります。
     

2010/8/22(日) 晴れ

8-22.jpg
  • 溝加工
    桐小抽斗(こひきだし)の裏板には4mmのシナ合板を取り付けます。 側板、底板、天板に5mmの溝を切り裏板は差し込んで固定する事にしました。 溝切りはプロクソンのテーブルルータを使いました。 パワーはありませんが使用時の恐怖感も無く、集塵機もとりつけられて使い勝手の良い工具です。 今日の作業でこの裏板と天板を取り付けて小引き出しの枠は完成です。

2010/8/21(土) 晴れ

8-21.jpg
  • BOSCHのタボ穴ガイドを使ってみました
    桐の小抽斗(こひきだし)を作っています。 底板、棚板と側板の接合はタボ接ぎです。 今回のタボ穴はBOSCHのタボ穴ガイドで加工しました。 1箇所で3個タボを使用していますので、写真の状態の最後の組み立てでは側板と棚板・底板のタボ穴12箇所がピッタリ合っている必要があり一番難しい工程です。 この工程でもタボ穴の入り口をリーマーで少し大きくすることで全部のタボの挿入が出来ましたのでBOSCHのタボ穴ガイドの評価はマズマズという事でしょう。

2010/8/20(金) 晴れ

8-20.jpg
  • タボ接ぎ
    ペンケース等の小さな作品の接合部は木工ボンドのみで十分です。 しかし少し大きな作品で接合部に強度が必要な場合にはタボ接ぎという方法を用います。 接続する両方の板にタボ穴を開けてタボという木片を接着剤と共に挿入して接続部の強度を補強する方法です。 ビス等が表に出ないので仕上がりも良いのですが正確なタボ穴あけが難しいのが欠点です。 このタボ穴あけが正確に出来るジグ、BOSCHのタボ穴ガイドがありましたので購入しました。 桐の小抽斗(こひきだし)の作製で使用してみます。
  • タボ穴ガイド
    ・製造 BOSCH
    ・ガイド穴 3,3.3,4,4.2,5,6,6.8,8,10,12mm
    ・タボ穴 アングルジョイント、平行ジョイント、T-ジョイント
    ・金属パイプや磁器タイルへの穴あけガイドとしても使用可能
    ・価格 3,465円(通販)

2010/8/19(木) 晴れ

8-19.jpg
  • ペンケース完成
    桐材で作製したペンシルケースを焼き桐仕上げにしました。 バーナーで焼いて真鍮ブラシでしごきウェスで拭き上げますと柔らかい部分が凹みうずくりとなります。 その後との粉を水で溶いて塗り乾いた後、余分のとの粉を拭き取りました。

2010/8/18(水) 晴れ

8-18.jpg
  • 焼き桐
    少し桐を材料にした作品に挑戦してみます。 今日は焼き桐仕上げの実験です。 桐の端材をバーナーで焼きさらにとの粉を塗って仕上げてみました。 焼く事で表面が硬くなり傷が付きにくくなるそうです。 色合いもいい感じです。

2010/8/17(火) 晴れ

8-17.jpg
  • ファルカタと桐
    挽き割りした桐板の仕上げを自動カンナで行いました。 自動カンナの規格では厚さが5mm以上となっていますが、仕上がり寸法で4.7mm厚の桐板も綺麗にかんながけが出来ます。 早速ペンシルケースを作りました。
    以前作ったファルカタ材のペンシルケースとの比較写真を掲載します。 写真では分かり難いようですが桐材(左)の方が少し目が詰まっている感じで高級感があります。 
     

2010/8/16(月) 晴れ

8-16.jpg
  • 桐集成材
    ホームセンタで桐材を見つけました。 集成材なので価格はあまり高くありません。 幅、長さは色々と種類がありますが厚さは13mmのみで厚さ5mm前後の板はありませんので1/2に挽き割りました。 挽き割り後の厚さは6mm前後となりましたので自動カンナで5mm厚にしあげてペンシルケースを作ります。

2010/8/15(日) 晴れ

8-15.jpg
  • ホームベルトレンチ
    瓶や缶の蓋が開かなくてパイプレンチ等で無理やり開け、蓋に傷を付ける事がありました。 今日ホームセンターで写真のホームベルトレンチを見つけました。 これを使えば傷も付かずに簡単に固い蓋を開ける事ができます。 一つ持っていれば助かります。 価格は598円で直径10~100mmまでの蓋に対応出来ます。

2010/8/14(土) 晴れ

8-14.jpg
  • 挽き割り
    バンドソーで挽き割りするためにガイド(平行定規)に補助板を取り付けました。 ガイドの高さが45mmとなったので、高さ90mmの板を挽いても割った厚みに狂いが出なくなりました。
    8mm幅のブレードで6.6mm厚の杉板を半分の厚さに挽き割りましたが旨くいきます。

2010/8/13(金) 晴れ

8-13.jpg
  • 猛暑
    最近はビールサーバをあまり使用しません。 毎晩の生ビール消費量が減ったので10L樽が2週間以上あるので鮮度が保てないから缶ビールにしています。 来客の時に電源を入れるので昨日水槽の水を入れ替え電源をONとしたのですが5~6時間経っても水槽に氷が出来ません。 サーバの周辺は33℃でサーバの冷却能力が追いつかないようなのでコンプレッサー付近を扇風機で冷やしています。 昨年まではこんな事をしなくても良かったのですが今年の暑さは特別のようです。 どうにか今日は氷が出来ていたので久しぶりに樽生ビールを飲むことができました。 やはり樽生は美味しいです。
    今日のビールは二人でジョッキ9杯位?

2010/8/12(木) 晴れ

8-12.jpg
  • 料理教室
    暑い日が続いていますので今日は夏バテ防止料理でした。 冬瓜のカレー汁はすりおろした冬瓜とえびが入っています。 これは冷やしても美味しそうです。
    生姜の香りの効いたうなぎのチャーハンもおすすめです。
  • 今日のメニュー
    ・うなぎチャーハン
    ・冬瓜のカレー汁
    ・蒸しなすの中華サラダ
    ・グリーンティーゼリー
     

2010/8/11(水) 晴れ

8-11.jpg
  • ペンシルケース(2)
    杉のペンシルケースに漆を塗りましたが作品にヒワリが発生して失敗です。 落ち着いた色合いに仕上がっただけに残念です。  対策を検討して後日再挑戦します。 

2010/8/10(火) 晴れ

8-10.jpg
  • 食器の接着剤
    食器にも使用できる手軽で安全な木工用接着剤を探していますが市販品には見つかりません。 今の所、手軽とは云えませんがのり漆が唯一です。 のり漆の作り方の写真は後日UPしたいと思います。 
    のり漆で接着したマグカップの柄も日常の使用では問題は発生していません。 漆器なので洗剤で洗ってフキンで水気を取り自然乾燥しています。 食器乾燥機はNGです。
    耐久性は未確認ですが昔からの実績のある接着剤なので多分OKでしょう。

2010/8/9(月) 晴れ後曇り

8-9.jpg
  • ペンスタンド
    自動カンナを少し調整しましたので、確認のために杉板3枚を自動カンナで6.5mm厚に削ってみました。 カンナ面は綺麗で端落ちも発生せずOKです。 しかし、板厚ケージは合っていません。 厚みはノギスで確認する必要があります。
    削った6.5mmの杉板でペンスタンドを作りました。 今日はオイル仕上げとしましたが木の質感が出て良い感じです。 4面は額縁作りとしてみました。 
  • 作品仕様
    ・材料 杉(6.5mm厚)
    ・寸法 80(W)×80(D)×110(H)mm
    ・塗装 ワトコオイル(ナチュラル)
     

2010/8/8(日) 晴れ

8-8.jpg
  • カンナ刃研摩
    自動カンナの刃は写真のジグを使用して研摩しました。 AP-10Nは替刃式ですが刃の先端がSK鋼となっていますので、この部分が残っていれば再研摩しての使用は可能のようです。 
  • グラインダ研摩
    写真のジグ(ガイド)を使用して、刃を中央から左、右にスライドして研摩しました。 この方法が両端が削れ過ぎて丸くならずに均一な研摩が出来るようです。
    グラインダ研摩ではどうしても刃が粗くバリも出ますのでさらに砥石で仕上げます。
  • 砥石研摩
    大理石の上に耐水サンドペーパーを貼り付けて砥石にしています。
    ペーパーの粒度は#150,#400,#1000を順に使用して仕上げて行きます。
    砥石上で刃の角度を保つには市販のジグを写真の様に改良して使用していますがなかなか調子が良いようです。 
  • 参考
    私は利用した事はありませんが自分での研ぎが不安な方には刃物研摩専門の会社もあるようです。 

 

2010/8/7(土) 晴れ

8-7.jpg
  • ペンシルケース
    自動カンナで5mm厚に加工した杉板でペンシルケースを作成しました。 今までも杉やヒノキの薄い板を使用して小物ケースを作りたかったのですが希望する厚みの材料の入手が出来ませんでした。 自動カンナが手に入り今後は材料の厚みは自分で調整できます。
    杉のペンシルケースは無塗装では見栄えがしませんので漆を塗ってみます。

2010/8/6(金) 晴れ

8-6.jpg
  • 端落ち
    自動カンナでは材料の始めと終わりの部分が深く削れる現象を端落ちと云い皆さん苦労されているようです。 メーカーによっても差がありRYOBIのAP-10Nの評判はあまり良くありません。 試しに90×950×10(厚)mmの杉板を5mm(厚)位まで自動カンナで削りました。 結果は始めの部分に少し欠けが発生しましたが、心配した端落ちの現象はありませんでした。 カンナ面もつるつるで満足です。 刃を研摩し、定盤ローラーの調整も取扱説明書どおりに実施したのが良かったのかも分かりません。
    AP-10Nは、錆びの発生した六角穴付きボルトをステンキャップボルトに交換し、台木も新品に取替えたので概観も綺麗になりました。  

2010/8/5(木) 晴れ

8-5.jpg
  • 自動カンナ整備
    自動カンナの刃は欠けている部分もあり刃先に錆びも発生してします。 カンナ盤から取り外してみると錆びは刃先だけで欠けもひどく無いのでどうやら研摩可能のようです。 ガイドを作り、そのガイドに沿ってグラインダで刃先を0.5mm位削り落としましす。 刃先にはグラインダのバリが出ますので、定盤に貼り付けた#150、#400、#1000の水ペーパーで刃付けとバリ取りをします。 写真のように綺麗な刃となりました。 2枚の刃の重さが異なれば高速回転で振動が発生しますのでグラインダ研摩では注意が必要です。  研摩後の刃は168gと167gでしたが振動も無くOKのようです。 刃研摩の結果も綺麗なカンナ面で成功です。
     

2010/8/4(水) 晴れ

8-4.jpg
  • 自動カンナ
    長い間購入するかどうか考えていた自動カンナをやっと購入しました。 新品ではありません。 オークションでリョービのAP-10Nの中古を32,000円で落札しました。 早速試運転してみましたがカンナ面に1本凸の筋が出来ます。 刃を確認すると2枚とも同じ位置の刃が欠けていました。 替刃を購入すると6,600円ですから中古を安く購入した意味がありません。 手押しカナンと同様に自分で刃の研摩をすることにします。

2010/8/3(火) 晴れ

8-3.jpg
  • ベタバイス
    ボール盤やフライス盤に材料を固定するためにベタバイスを使用しています。 手持ちの75mmバイスはホームセンターで購入した安価なもので精度が良くありません。 今回100mm位の材料も掴む必要が発生したため業務用のナベヤ125mmバイスをオークションで購入しました。 バイスは固定出来れば良いので品質については深く考えていませんでしたが、趣味用と業務用にはびっくりする位に品質に差があります。 ナベヤのバイスは動きもスムースで締め付け時の材料の浮き上がりも無くしっかりと固定できます。 さすがに業務用です。 品質の差は価格の差以上に感じます。

2010/8/2(月) 晴れ

8-2.jpg
  • 3mm幅ブレード
    バンドソー用の3mm幅ブレードが納品されました。 欅の厚板のサークルカット用に注文したものです。 8mm幅のブレードと比べると細く頼りない感じがします(写真右)。 恐る恐る70mm厚の欅板を100mmΦにサークルカットしましたが途中で止まる事もなくカットできました。 やはり小さな曲面の切断には幅の狭いブレードが有効です。 このブレードは幅は3mmですが厚みは0.64mm位ありますので見かけよりはシッカリしています。 面倒ですが直線切りには8mm幅のブレードに交換する必要があるでしょう。

2010/8/1(日) 晴れ

8-1.jpg
  • キス釣り
    夏休み前に孫と約束していた釣りに行ってきました。 子供でも釣れる夏の魚はキスとギザミです。 このために捜していたポイント(宮島大砂利海岸)で1投目から狙い通りキスが釣れました。 23cmの大きなキスは孫が釣ったものでした。 最初は曇り空で風も無く絶好の釣り日和だと思ったのですが途中から急に風が強くなり安全のため早々に引き揚げました。
  • 釣果
    キス 23cm~17cm 11匹
    ギザミ 20cm前後 7匹
     
     

  

 

それでは ごゆっくりと御覧下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional