趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku11-3

FrontPage

今日の出来事

2011/3/31(木) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆Statesman(Zebrawood)
    ゼブラウッド軸の万年筆(Statesman)がようやく完成しました。 あめ色に黒の縞模様の木軸です。 金属部品ははロジュームとブラックチタン、ペン先はドイツ製のイリジュームポイントでコンバータも付属しています。 この万年筆もご予約品なのでネットショップ「Y's Craft」に並べますが売り切れ中表示となります。 商品作りのピッチを上げる必要があります。
     

2011/3/30(水) 晴れ

画像の説明

  • 日本産漆
    漆を購入しました。 写真の上が中国産極上生漆(200g)3,200円、下が日本産上摺漆(50g)5,800円です。 価格は日本漆が7.25倍です。 日本産漆の使用目的は万年筆の木軸の拭き漆に使います。 しかし、全部の万年筆に使用すると大変に高価な万年筆となるので日本産の漆を使う万年筆は高級なものに限ります。 さらに捨て漆は乾くとサンドペーパーで削り取るので中国産漆とします。 日本産漆は硬度と艶が優れているとの事なので仕上がりを期待しています。

2011/3/29(火) 晴れ後曇り時々雨

画像の説明

  • ゼブラウッド
    万年筆(Statesman)のゼブラウッド軸です。 まだ仕上げの途中ですが艶が出て良い感じになってきました。 ゼブラウッドの木肌はあまり滑らかではありません。 また、サンドペパーで磨いたままでは導管も深く、全体の色も白っぽくて特徴の縞模様が映えません。 捨て漆で導管を埋め拭き漆を重ねると滑らかな木肌となり艶が出できます。 木の色もあめ色となり、木目の色も黒さが深まりゼブラウッドの特徴の縞模様が浮かび上がります。 

2011/3/28(月) 晴れ

画像の説明

  • メバルの干物
    土曜日釣ってきたメバルを干物にしておきました。 18%の塩水に30分付けて水洗いして冷蔵庫で乾燥させたのですが塩が強すぎて乾燥しません。 次回は塩水に漬け込む時間を少し短くしてみます。 この状態で今日焼いて食べたのですが少し塩は強いが良い味をしています。 メバルの調理方法が一つ増えました。

2011/3/27(日) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆ペン先交換
    自作万年筆のペン先を交換したかったのですがペン先を引き抜く方法が分からないので苦労していました。 ペンとペン芯を指で掴み注意してペン先ホルダーから引き抜くと書いてあるのですがそんなに簡単には引き抜けませんでした。 色々と試して結局3本の万年筆を壊してしまいましが今日やっとペン先引き抜きに成功しました。 万年筆ペン先交換方法はなぜ公開してないのでしょうか? 個々のノウハウで非公開なのでしょうか? 皆さん苦労されていると思います。 成功したので右の金メッキのペン先に交換します。
    写真の万年筆はミラノ(紅木軸)です。

2011/3/26(土) 晴れ時々曇り、みぞれ

画像の説明

  • メバル釣り
    今年になって初めての船釣りです。 3月としは非常に寒く、朝6時の出港の時の気温は3℃でした。 桟橋も船の甲板も凍り付いてツルツルです。 こんな時は海水をかけてまず甲板の氷を解かしてから乗船しないと危険です。 あまりの寒さなので釣果は期待していなかったのですが3人で13cm~18cmのメバル36匹でした。 仕掛けは昨年実績のあったビームスティック(玉露カブラ)でOKでした。 奈佐美西側と弁天島の漁礁での釣果です。 他のポイントには魚影がありませんでした。 もう少し暖かくなればメバルのサイズも良くなるでしょう。

2011/3/25(金) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆追加製作
    今日は週刊誌の広告を見られた方からボールペン3本、万年筆1本の注文を頂きました。 大変にありがたい事です。 しかし、ショップの商品は少ししか残りません。 急いで商品を追加する必要があります。 現在は万年筆(Statesman)の仕上げ作業中です。 写真は目止めが完了したものです。 これから仕上げの漆を数回繰り返す必要があります。 出来上がりは月末ですがゼブラウッドの万年筆は予約がすでに入ってます。 うれしい事ですがさらに追加でボールペン、万年筆の作製を始めます。
    写真は万年筆(Statesman)の軸です。
    ゼブラウッド(上)、ココボロ(下)

2011/3/24(木) 晴れ

画像の説明

  • CRAFT SUPPLIES USA値引きセール
    最近はメールの数が少なくなりました。 皆さん通信の輻輳を避けるためにメール送信を自粛されているのでしょう。 その中でCRAFT SUPPLIES USAから値引きセールのメールが届きました。 100$以上の買い物で15$の値引きのようですが3月10日にペンキットを購入したばかりなので私は利用しません。 値引きセールは3月29日まです。 
       

2011/3/23(水) 晴れ

画像の説明

  • ボールペン(Aero)
    ネットショップ「Y's Craft」の小さな広告が明日発売の週刊誌に出る予定です。 商品の数が寂しいので、「Aero Pen」5本を追加作製しました。 写真左からココボロ2本、紅木紫檀1本、欅杢1本、花梨瘤1本の計5本です。 化粧箱の準備も完了です。 これからショップに商品登録します。
     

2011/3/22(火) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆(Jr Gentlemen'sⅡ)
    今度は小振り(普通サイズ)の万年筆(Jr Gentlemen'sⅡ)を作製します。 木軸はココボロです。 との粉の目止めと捨て漆の目止めが完了した状態です。 写真はこの万年筆の全部品ですが組み立はまだ先になります。 木軸にこれから拭き漆を何回も行い最後に磨いて艶を出します。 完成は来週中旬以降でしょう。

2011/3/21(月) 雨

画像の説明

  • 万年筆(Statesman)完成
    ココボロ軸の拭き漆作業が終了しました。 早速万年筆を組み上げましたがこの作業は何時も緊張します。 この段階で組み間違いや金具の圧入失敗は取り返しが付きません。 木軸も金具も無駄になります。 木軸の木目もキャップと本体が続くように注意して組み立てます。 かなり時間がかかりましたが綺麗に完成しました。 漆塗りのココボロの軸は手に良く馴染みます。 軸太の豪華な万年筆(Statesman)の完成です。
    なお、この万年筆(Statesman)はネットショップ「Y's Craft」の商品に追加しますが既に予約を頂いておりましたのでショップでは「売り切れ中」表示となります。 近日中にまた作製し追加します。 申し訳ありません。

2011/3/20(日) 曇り

画像の説明

  • 拭き漆仕上げ木軸ペン
    現在ボールペン(Aero)2本と万年筆(Statesman)1本、万年筆(Jr.Gentlemen'sⅡ)1本の合計4本のペンを製作中です。 仕上げは拭き漆です。 漆の乾燥は温度30℃前後、湿度90%以上で一昼夜位かかります。 手作りの小さな漆室なので一度に乾燥できるペン軸はこれが限度です。 また、漆塗りの回数は、捨て漆+拭き漆で10~11回行うので手間が掛かりますがペンの木軸にはこの仕上げが最高だと思います。

2011/3/19(土) 晴れ

画像の説明

  • 接写撮影用三脚
    商品写真やホームページ掲載用の写真を撮影するときに接写撮影をよく行います。 コンパクトデジカメはズーム範囲も大きく接写も最短1cmまで寄れて非常に便利なのですが机上で使える良い三脚がありませんでした。 倉庫を探していると昔買ったまま使用していなかったMINOLTAの超小型三脚が見つかりました。 ダイキャスト製で雲台付きです。 重量もあり精度もシッカリしているので今後これを使用することにしました。 物は捨てないでおくと役立つ事もあるようです。

2011/3/18(金) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆(Statesman)
    万年筆(Statesman)の軸加工の進捗状況です。 漆の特徴の艶が出てきました。 拭き漆3回実施後に更に拭き漆と磨きを2回実施するとこの輝きとなります。 もう2~3回拭き漆と磨きを続けます。

2011/3/17(木) 曇り時々雪

画像の説明

  • Aero Pen (欅軸)
    美杢の欅材がありましたのでボールペン(Aero)の軸にしました。 複雑な杢(模様)が漆で更に浮き出て綺麗なボールペンに仕上がりました。 金属部品はChrome+Black Titaniumで出来ています。 重量感のあるシッカリしたボールペンです。

2011/3/16(水) 雪

画像の説明

  • 万年筆(Jr.Gentlemen'sⅡ)
    3月11日(金)にCRAFT SUPPLISE USAに注文したペンキットがもう到着しました。 今回は新たに万年筆(Jr.Gentlemen'sⅡ)キットも注文しました。 万年筆(Statesman)に比べると少し小振りで豪華さはありませんが金具にはBlack Titaniumを使ってスッキリした飽きの来ないデザインの万年筆です。 ペン先はドイツ製の金メッキのMタイプが付属していますが、別売りでイリジュームポイントのExtraFine,Fine,Medium,Brord,Calligraphyと5種類も用意されています。 インクのコンバータも付属しています。 早速ココボロ軸を1本作ります。

 

2011/3/15(火) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆(Statesman)
    万年筆(Statesman)の軸の製作の進捗状況です。
    目止め工程は終了して拭き漆の作業を行っています。 拭き漆2回実施後乾燥状態の写真です。 木肌の凹部は漆で埋まり滑らかな木肌になっています。 これから拭き漆と磨きを重ね呂色仕上げという漆独特のみずみずしい輝きの木軸に仕上げていきます。

2011/3/14(月) 曇り時々晴れ

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

画像の説明

  • キーホルダー
    土曜日から少し体調を崩して工房作業がはかどりません。 風邪の症状と首から左肩にかけて痛みがありましたが医者に行き、注射と飲み薬をもらい調子が良くなりました。 首、肩の痛みも風邪の症状だとのことでした。 調子が良くなったので各部は作成済みのベルトループキーホルダーを組み立てました。 耐久性を考えてホックは真鍮無垢としました。
    写真左からキーホルダー表、裏、構成部品

2011/3/12(土) 晴れ

画像の説明

  • 漆の呂色仕上げ
    拭き漆の最後の工程は磨粉で磨いて艶を出しますが、私は写真の三和呂色磨粉クリームを使用しています。 漆面に植物油を薄く塗り、この磨粉をまぶして指で磨くと磨粉はクリーム状となり漆の表面に艶が出てきます。 最後に柔らかい布でクリーム状の磨粉は拭き取ります。 この上からまた拭き漆を行い、同じ事を3~5回繰り返すと漆のみずみずしい艶がでます。 この磨粉は結構高価で180gが3,465円です。

2011/3/11(金) 晴れ

画像の説明

  • 漆刷毛
    写真は漆用の刷毛です。 刷毛の巾は五分(約15mm)で大変小さなものですが価格は4,725円で安くはありません。 昔に購入したものですがもったいないので使っていませんでした。 今日思い出して使ってみました。 非常に綺麗に漆が塗れます。 価格分の価値は十分あります。 漆刷毛は使用後の後始末が大切です。 テレピン油で良く洗い、植物油を含ませて仕舞います。 使う時はテレピン油で植物油を洗い落としてから使います。

2011/3/10(木) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆(Statesman)の軸
    万年筆(Statesman)の軸はココボロで作っています。 写真上が旋盤で仕上げた直後の状態です。 写真下は1回目の目止め作業の実施後で木肌が滑らかになった様子が分かります。 目止めはもう1~2回実施します。
  • Y's Craft
    今日は友人のMさんからボールペンの注文を頂きました。 ありがとうございました。
    おかげ様で「ハワイアンコアウッド軸のボールペン(Aero)」は売り切れ中表示となりました。 材料のハワイアンコアウッドはもう少し手持ちが有るので近日中に作製し補充します。

2011/3/9(水) 晴れ

画像の説明

  • コンチョ
    レザークラフトで使用する飾りボタンをコンチョというのですがベルトループキーホルダに使用したオールドコインのコンチョは工房山本の手作りです。 材料は古い1¢コインとシカゴスクリューという名前の真鍮製ビス・ナットです。 コインをドーム状に成形し裏側にシカゴスクリューをバーナーで銀ロウ付けします。 コインの表面は熱で変色しますが、バフに赤棒、青棒をこすり付けて磨けばビカビカになります。 出来上がりが写真右です。
  • ココボロ軸万年筆(Statesman)
    ネットショップ「Y's Craft」最初のお客様は友人のOさんでした。 昨日の記事を見て頂き「万年筆(Statesman)」のご予約を頂きました。 ありがとうございました。
    早速、ココボロで軸の作製を開始しています。
    木軸は丁寧に漆の鏡面仕上げとしますの時間が掛かります。 納品は約2週間先となりますがよろしくお願いします。 

2011/3/8(火) 晴れ

画像の説明

  • 万年筆作製
    木軸万年筆の作製準備をしています。 太軸のStatesman Pen Kitを使います。 完成品が写真左(同型のボールペンもあります)、Pen Kitが写真右です。 完成品は豪華な感じの大振りの万年筆となります。 木はゼブラウッドかココボロを使うつもりです。 漆の鏡面仕上げをしますので完成まで2~3週間かかります。 金属部品ははロジュームとブラックチタン、ペン先はドイツ製のイリジュームポイントです。 コンバータも付属しています。

2011/3/7(月) 晴れ後曇り

画像の説明

  • カラーミーショップ
    ネットショップの構築は画像のカラーミーショップを利用しました。 30日間の無料お試し版もあります。 手順はテンプレートに従ってショップの入り口作成、商品の登録、決済・配送方法の決定の順に作業を進めればカート方式のネットショップが完成します。 在庫管理や受注・発送メールなどの機能もあります。
    興味のある方はカラミーサイトを見てください。
    カラーミーショップはこちらです。

2011/3/6(日) 晴れ後曇り

画像の説明

  • ショップ開店準備
    ネットショップ開店準備に追われています。 発送用のダンボールも準備しました。 宅配便60サイズの箱を60個購入しました。 送料込みで2,880円で1箱48円です。 ウェブショップ支援のサイトがありかなり格安で入手できました。 自分の作品の販売を考えておられる方の参考になる情報をしばらく掲載していきます。
     

2011/3/5(土) 晴れ

画像の説明

  • インパルス シーラー
    ホームセンターで入手できる「プチプチ袋」の大きさは限られているので欲しい大きさのものがありません。 自分で袋を作ることにしました。 そのための道具が写真左の「インパルス シーラー」です。 オークションで探すと格安のものがありましたので購入しました。 写真右の小さなぷちぷち袋が簡単に作れます。 価格は送料込みで新品が2,119円でした。 

2011/3/4(金) 晴れ

画像の説明

  • Aero Pen キット
    Aero PenキットはアメリカのCRAFT SUPPLIESから購入しました。 キットは金属部品の部分ですがしっかり作られています。 メッキはクロームメッキでペン先はブラックチタンです。 木軸の部分が手作りとなりますが出来上がりを左右しますし、手間がかかります。 写真の軸は欅ですがなかなかいい杢が出ています。 拭き漆を重ね磨くと見違えるように輝く軸が出来上がります。 完成したらまた掲載します。
     

2011/3/3(木) 曇り時々雪

画像の説明

  • テーブルルーターのガイド
    化粧箱の角にテーブルルーターで飾りをつけていますが、付属のルーターガイドでは刃の部分の切り込みが大きくて短い部分を削る時には引っ掛かります。 アルミアングルで刃の部分の切り込みを最小限にしたものを作りました。 金切のこやボール盤、ヤスリでの手作業なので時間もかかり出来上がりも綺麗ではありません。 しかし、使い勝手は大変良くなりました。

2011/3/2(水) 晴れ

画像の説明

  • 瘤材の木軸
    ネットショップの商品作りをしています。 木軸ボールペンを瘤材で作ります。 写真は区別が付き難いのですが上が花梨、下は欅です。 目止めの後、2回拭き漆を実施するとこのようになります。 もう2~3回拭き漆を実施したら磨きをします。 この後の拭き漆と磨きも3~5回することになります。 みずみずしい漆の輝きはこの工程が重要です。

2011/3/1(火) 曇り時々雨

画像の説明

  • 紅木紫檀の目止め
    唐木と言われる紫檀は高級家具に使用されています。 この紅木紫檀も三味線の材料として使われる木ですがペン軸の材料と使用すると導管が目立ち高級感が損なわれます。 この導管を目立たなくする目止めを色々と試しています。 写真左はとの粉で目止めした後、拭き漆で仕上げたものですが導管が目立ちます。 右は今回試した漆の厚塗りで目止めを実施した後にサンドペーパーで磨いたものです。 かなり改善されました。 これから拭き漆と磨きを重ねると良い結果がでそうです。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional